VIOコンプリートへ、出陣。

Pocket

 

VIOと聞いて、

「すでにコンプリート!」

という人は脱毛の上級者だ。

 

私は今日VIO初心者としてその一歩を踏み出したことを、ここに報告する。

 

 

そもそも毛はなぜ必要なのだろうか。友人である脱毛コンプリーターが提唱した、有名な説がある。その名も、

「目より下の毛は不要説」

これについて検証してみよう。

 

 

まず頭髪、眉毛、まつ毛(目より上の毛)について。これらの毛は、頭部または額から流れ落ちる汗が目に入らないようにガードする役目がある。言わずもがな非常に実用的で、十分な必要性を誰もが感じる。

(頭髪については一部否認)

 

「体毛」は一般的に、保温効果や紫外線などから皮膚を守る役目がある。しかし、人類が衣服を着用するようになり、その役目はほぼ必要なくなった。

 

また体毛は、摩擦を軽減する役目も果たす。ワキやマタは手足を動かすことで摩擦が起こる。その刺激からデリケートな部分を守るために、毛が生えている。

とはいえあの程度の毛量では、ちょっと無理があるように思う。

 

となると「目から下の毛」の必要性について、もはやロジカルに検討する余地はなさそうだ。

 

先日、編集長(毟)が吐いた名言、

「人類は毛を失う」

が、現実味を帯びてきた。

 

**

 

私は過去に、ワキとヒザ下のレーザー脱毛を経験している。しかし月日が経つと、新参者(毛)が顔を現し始めた。

この生命力に感心はするものの、私にとっては不要な存在でしかない。ゆえにまたもや消えてもらうこととなる。

 

 

そしてここ最近、もっとも注目している部位がVIOだ。VIOは「デリケートゾーンのカタチ」を表している。

左:V

真ん中:I

右:O

 

この部位の脱毛こそ、脱毛コンプリートへの登竜門だ。そして今日、私はその門を叩いたというわけだ。

 

 

朝早くから身支度を整えた。この場合の「身支度」とは、剃毛を指す。光を照射する部位のムダ毛を剃ることから、脱毛の道は始まる。

 

――どういう体勢でアプローチすべきか

 

Vはまだいい。正面だから無理なく目視できる。しかし、I とOは・・・。

「できるかぎり処理してきてね」

友人の笑顔が頭を過ぎる。

 

――やらなければならない

 

いくつかのポーズを試したが、一番やりやすいのは、片足をバスタブに乗っけるポーズ。いわゆるフロントランジの姿勢。

これで念入りに I とOを処理。しかしOはさすがに難しい。どうしたって、真後ろは確認できない。

 

(・・ここはもうプロに任せるしかない)

 

ということで、関節可動域内でデリケートゾーンの毛の処理を終わらせた。

 

――よし、出陣だ

 

 

サロンへ到着するとさっそく全裸になり、てるてる坊主風にデカいタオルをかぶせられた。前面がパカッと開くタイプ。

今回、VIOだけでなく全身やれるということで、おでこからつま先までくまなく毛をやっつけてもらうことにした。

 

友人のサロンで使用するマシンは「うぶ毛」にも効果があるらしい。おでこ、小鼻、フェイスライン、うなじ、指などなど、挙げたらキリがないくらい細部のうぶ毛まで、照射し尽くしてもらうことにした。

 

そして、いよいよ、運命の時がきた。

 

「まずはVからいくね」

 

Vは比較的平気だ。自分でも見慣れた部位だし、他人のもたくさん見ている(銭湯とか)。いわば下腹部の延長なので、さほど羞恥心もない。

他愛もない会話をするうちにVが終了。

 

――わりと呆気ないな

 

「次、I いくね」

 

(ドキドキ・・・)

 

I ライン時のポーズは、

①片膝を立てる

②外側へ倒す

③両足の間隔をやや開く

以上。

 

静寂のなか黙々と照射が続く。そして次々とI ラインの毛が退治されていった。

 

「今ってさ、なに考えながらやってるの?」

「ひたすらちゃんと(光を)当てられてるかだけ考えてる。適当にできないから必死だよ」

 

――ナルホド、さすがはプロ

 

後半戦に突入。

 

「じゃあ、うつぶせになって」

 

日ごろから、自力で見ることのできないうなじやら僧帽筋やら広背筋やら。その周辺の毛を猛攻撃する。これで私も後ろ姿完璧女子のはずだ。

 

「しかしすごい背中だねー」

 

――とりあえず無視

 

「ラストだよ、横向いて」

 

(おぉ、ついにOライン!)

 

どういう体勢でやるのかな、と思いきや横向き。そして上の足を曲げる。上から見下ろせば「腿上げ」してるような体勢。

友人が私の尻(上側)を持ち上げる。いや、持ち上げるというか、めくり上げる。

 

――ハロー! Oライン

 

淡々と照射は続く。Oラインの毛どもは逃げ場を失い、乾布無きまでにやっつけられた。

 

――終了

 

**

 

友人のサロンは、SHR(Super Hair Removal)脱毛という最新の光脱毛システムを導入している。これは医療用のレーザー脱毛と比べると、照射エネルギーが弱い。たとえば、照射温度は医療用レーザー200度に対して、SHRは70度。

(昔やったアレ、200度もあったのか…)

そのぶん痛みや熱は感じないので、脱毛初心者やデリケートゾーンにはオススメだ。

 

 

そしてVIOケア、今や男性にとってもマスト。毛による「蒸れ」から解放され、風通しよくスースーと快適な人生を送ろうではないか。

 

 

Pocket

4件のコメント

これで指名5割アップだ!!

実はその前段がある。
馴染みの風俗嬢から「同棲中の彼氏があまりかまってくれない、どうしたらよいですか?」
と聞かれ
「全部処理すれば」とアドバイスをした。

後日「彼めちゃくちゃ燃えました💛」と

またしばらくして「指名5割アップしました」となった。

いいことばかりのVIO処理である。

おぉーついに✨
前日のVIOの剃毛大変ですよね💦 
やってる自分がマヌケな感じで(笑)
あまり剃れてなかったとき、やんわりと店員さんに
「次回からもう少ししっかりそってきてくださいね」と注意されましたよ😅

「Oは皆さん剃り残しあるんで、ちょっと、やらせてもらうね」
って、めちゃ気を使われながら剃り残しを剃ってもらった時の、恥ずかしさ。。。😂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です