牡蠣と赤福の悲劇

Pocket

 

一日6,000キロカロリーを摂取する私にとって、食べることはすなわち生きることを意味する。

 

かといって、まったく食べない日が3日ほど続いても元気に生きているので、人間とは不思議な生き物だ。

 

とにかく「食べることこそ生き甲斐」の私でも、苦手な食べ物がある。

 

①牡蠣

②あんこ

③グリンピース

 

この3つがダメだ。

 

 

小学生の頃の話。

朝食でなぜか「生牡蠣」が出た。

レモンに漬けてあるようで、レモンの匂いと生牡蠣の生々しいニオイとが、食卓を不穏な空気に包んだ。

 

(普通に考えておかしいだろう、朝から生牡蠣を食べるなんて。しかも小学生に食べさせるなんて、普通ではありえないだろう)

 

 

「食べ終わるまで学校行っちゃだめだから」

 

――チッ、クソババァめ

 

母親にがっちりと脇を固められ、この生牡蠣がなくなるまで逃げることは不可能。

 

タイムリミットは刻一刻と迫る。

ポンキッキーズが始まった。

遅刻が確定する。

 

――やるしかない

 

意を決した私、大声で

 

「ごちそうさま!!」

 

と叫ぶと、生牡蠣を口の中へ流し込みそのまま庭へとダッシュした。

 

普通ならばここで、

「どうせ庭に吐き出したのだろう」

となる。

 

しかしそんなもったいないことはしない。

なぜなら食べ物は貴重だから。

 

私は当時飼っていたマリー(メス、雑種、8歳)の皿へ、口に含んでいた生牡蠣を吐き出した。

 

マリーはビックリして後ろへ跳んだ。

 

「はい、あげる!高級らしいから早く食べてね!」

 

そう言うと速攻で室内へ戻り、学校へ行く準備をした。

 

 

学校から帰宅すると、母親がクソババァと化していた。

 

「今朝マリーに牡蠣食べさようとしたでしょ!!」

 

――なぜバレた

 

「犬が生の魚介類なんて、食べるわけないでしょ!全部残してあったわよ!」

 

――チッ

 

マリーに罪はない。

悪いのは、生牡蠣を出した母親だ。

 

 

たしか中学生の頃の話。

とある日曜日、キッチンに何やら立派な紙袋が置いてある。

中を覗くと、ピンク色の風呂敷に包まれたお菓子のような箱が見える。

 

開けても元に戻せるように、結び方やシワのつき方などを入念に確認しつつ、風呂敷包みを開けてみる。

 

「赤福」

 

――なんだろう?

 

箱の裏側を見ると、原材料などが記載されている。

小豆、もち米、砂糖ーー

覚えていないが、多分こんな感じだろう。

 

蓋を開けてみる。

 

・・・・。

 

あんこ地獄だ。

見渡す限り、あんこの海(しかも波打っている)。

 

正義感の強い私はそのとき思った。

 

――餅を救出せねば

 

そして前代未聞の救出劇が始まった。

 

備え付けのヘラでそっとあんこをどかし、美しい餅たちを救出し始めた。

餅は丁寧に水洗いし、真っ白い状態にしてから口へと運ぶ。

 

――う、美味すぎる

 

私は次々と餅を救出した。

餅たちも嬉しそうに助けられていた。

 

そして気がつくと、餅は0個になっていた。

 

――なんとなくやばいな

 

中学生ながらにとんでもないことをしでかした可能性を感じた。

 

(そもそもこんな高級そうなお菓子を、家族で食べるわけがない)

 

(そもそもあんこがキライな私に対して、わざわざ高級なあんこ菓子を買ってくる意味がない)

 

(となると来客用か?もしくはもらったのか?)

 

頭をフル回転させるも真実は不明。

そうこうするうちに、部活の時間が迫ってきた。

 

――とりあえず、見た目だけでもきれいにしておこう

 

そう考えた私は、餅をほじくり出した穴を残りのあんこでキレイに埋めた。

さらに表面も元通りに波打たせて、赤福もどきを作り上げた。

 

――我ながら芸術的だ

 

箱に蓋をし、風呂敷で包みなおし、新品未開封状態の赤福(もどき)が完成。

 

最後に紙袋へそっと戻すと、私は部活へ出発した。

 

 

夕方、帰宅と同時に雷が落ちた。

 

「あんた!!!!!赤福食べたでしょ!!!!しかも餅だけ食べて、あんこ元通りにしたでしょ!!!!

お客さんに出したら餅がないから、みんなで探したじゃないの!!!!」

 

――やっぱり来客用だったのか

 

客人の一人は、

「これは事件だ!赤福に電話すべきだ!」

と怒り心頭だったそう。

 

しかしその瞬間。

さすがは母親、ピンと来たらしい。

 

(餅だけが消えてあんこがきれいに残っている。こんな手の込んだ処理をするのは・・)

 

そこでとりあえずは客人らへ謝罪をし、別のお菓子で取り繕ったそう。

 

「せめて食べたなら、食べた痕跡残しなさい!!!」

 

――この注意の仕方よ

 

というわけで、そのくらいあんこがキライで餅が好きだ、ということが伝えたかった。

 

 

グリンピースに関しては、特段事件は起こしていないので思い入れもない。

 

ただ食事でグリンピースが出ると、真っ先に殺意を持って排除する、というくらいか。

 

とくに天津飯の頂上とか、シュウマイの頂上とか、なぜグリンピースが陣取っているのか理解できない。

どこにその必要性があるのか、見当もつかない。

むしろそこは、ゴマとかコーヒー豆とかじゃダメなのか。

 

 

とにかく、牡蠣もあんこもグリンピースもダメ。

 

ただそれだけの話。

 

Pocket

4件のコメント

・牡蠣は貴重な亜鉛補給品だ!男は中高年になると👆のためにわざわざ摂るのにもったいない。

・赤福の波紋は熟練職人さんの指の形なり。

・グリーンピースはたんぱく質を豊富に含んでいるから今こそ食べるべきである。

新参者で申し訳ありませんが、
あまりにおもしろいのでコメントを残させていただきます。
ちびまるこちゃんみたいな幼少期を過ごされていたんですねwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です