突如襲った健康被害の原因は、エアコンの復讐かゴキブリの呪いか

Pocket

 

具合が悪い。

頭痛と吐き気がする。

 

しかも急激に悪化している。

 

原因は、エアコンだ。

 

エアコン本体から、モーター音のような唸りが聞こえてくる。

耳をエアコンに直角に向けると、その場で吐きそうなくらい不快な低音が入ってくる。

顔を直角に向けると少しマシになるが、それでも耐えられないほどの圧力を感じる。

 

自宅にいながらにして、低周波音による健康被害を被るとは。

しかも突然、低周波音で攻めてくるとは。

 

私が24時間365日、エアコンをフル稼働させ続けたことに対する、エアコンによる復讐なのか。

 

 

私は、前世が虫だった(予想)ため、高周波の超音波に引っかかる

しかし、この頭痛と吐き気は低周波音から来るもので、結果として高周波にも低周波にも引っかかるということか。

 

低周波音とは、おおむね1Hzから100Hzの音を指し、不快感や圧迫感など人間の心身に影響をおよぼすらしい。

 

測定していないからわからないが、ほぼ間違いなくコレだろう。

なぜなら、エアコンを止めると不快なモーター音も消えるわけで。

 

この状況についてネットで調べると、

「室外機から出る低周波音が原因」

という情報ばかり出てくる。

 

違うとは思うが、念のため、室外機を調査した。

やはり、不快な低周波音は出ていない。

 

つまり、間違いなくエアコン本体から出ている、アノ音だ。

 

 

しかしいまの季節、エアコンなしでは残暑が厳しい。

かといってエアコンを稼働させれば、低周波音に攻撃される。

 

 

なぜ今日、急にこのような事態になったのか。

思い当たる節といえば、昨夜踏みつぶしたゴキブリの呪いか。

 

 

とりあえず修理を頼もうと、マンションの管理会社へ連絡しようとした。

が、世間は今日から4連休らしい。

 

 

こうなったら、残暑+熱中症と戦うか、低周波音+頭痛&吐き気と戦うかの二択しかない。

 

どちらも地獄だが、部屋でサバイブするためには、どちらかを選ばざるをえない。

 

 

(とりあえず、涼しくて快適なコンビニで熟考しようと思う)

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です