超音波トラップにハマる私の前世はハエに違いない

Pocket

 

なぜか私は高周波の超音波に引っかかる。

 

超音波は目に見えない。

よって、通行中にいきなり飛んだり倒れこんだりする私を見て、

「やばい奴だ」

と思うだろう。

 

しかし、

そこには高周波(20kHzくらい)の超音波が発生していることを伝えておきたい。

 

**

 

東京は超音波で溢れている。

 

先日、東京ミッドタウン日比谷の地下にあるRINGO(焼きたてアップルカスタードパイの専門店)へ行った。

 

友人との待ち合わせは店舗の正面。

 

私は、地下鉄日比谷駅から地下通路を通って店舗へ向かった。

 

 

東京ミッドタウン日比谷は、2018年3月末に旧・三信ビルの跡地に誕生した。

つまり、既存のビルや地下道をくっ付けて完成したわけだ。

 

ミッドタウン日比谷は「日比谷駅」から地下道で直結する。

その日比谷駅は、東京メトロ千代田線・日比谷線 ・都営地下鉄三田線が乗り入れる、由緒ある老舗の駅。

 

古い駅と新しい施設をくっ付けたのだから、地下通路もどこか不自然なところがある。

 

 

店舗に近づいてきた。

友人の姿が見える。

 

(あ、こちらに気がついた)

 

友人に向かって手を振ろうとした瞬間、

 

私は鈍器で頭をおもいっきり殴られた。

 

正確には「殴られたように感じた」。

その場に崩れ落ちた私は、自分に何が起きているのか分からなかった。

 

――10メートル先の友人は恐怖に怯えていた

 

 

私は立ち上がり周りを見渡した。

通行人が奇異の目で見る。

 

とりあえず鈍器で殴られた(と思われる)辺りを調査した。

手でササッとやっても何もない(当たり前)。

 

(気のせいかもしれない、もう一度通過してみよう)

 

私は再度、友人へ向かって歩き出した。

 

「うわっっ!!!」

 

雄叫びをあげながら、またしてもその場に崩れ落ちた。

 

――何かがおかしい

 

目に見えない何かが私の行く手を阻む。

 

 

そこへ、目の前の友人が電話をかけてきた。

 

(どうせならこっちくればいいのに)

 

「もしもし?何してんの?」

 

「わかんない、何かにぶつかる」

 

「は??恥ずかしいから早くしてよ」

 

「行きたいのに行けないんだよ!」

 

 

話しながら私はひらめいた。

 

――もしかすると高さの問題かもしれない

 

今度は地面に這いつくばるようにして進んでみた。

 

「ぐわっっ!!!」

 

――ダメだ、はじかれる

 

ならばと通路の端へ行き、壁に沿って進んでみた。

 

「いてっっっ!!!」

 

どうしたって脳みそに突き刺さる衝撃が走る。

その場でへたり込んだ私を、多くの通行人が避けながら通り過ぎていく。

 

――こんなこと、前にもあったな

 

 

ーー10年前

友人の選挙の手伝いで大阪にいた。

 

とある集合住宅へビラ投函したときのこと。

建物の門をくぐろうとしたとき、私だけが何かにぶつかり、抱えていたビラをバラまいてしまった。

 

「なにしてんねん!」

 

友人は驚きながら怒った。

何もないところでビラをぶちまけたのだから、怒られて当然だ。

 

その場にいた全員でビラを拾い集め、再び門をくぐろうとしたところ、

 

「イテッッだめだ!!」

 

またもや私だけが何かにぶつかった。

 

グループの一人に

 

「おまえ霊感あんの?」

 

と怪訝そうに聞かれたが霊感はナイ。

 

とりあえず、私以外のメンバーで投函作業をすることになった。

残された私はこの怪奇現象を解決するため、周辺を調査した。

 

そして多分わかった。

 

原因は、門の左右に設置されている小型装置だ

 

ここから何らかの音波が出ている。

早速、その装置をググった。

どうやら昆虫や小動物の侵入を防ぐために、高周波超音波を発生させる装置らしい。

 

――これに引っかかったのか

 

そういえば私はクモが大嫌いだ。

もちろんクモの巣も大嫌いだ。

ゴキブリやムカデよりクモが怖い。

 

クモ恐怖症であることと、高周波の超音波に引っかかることから推測するに、

 

私の前世がハエや蚊といった飛翔する小昆虫、つまり、ハエ目に属する虫だったのではないか。

 

という結論に至った。

 

じつにしっくりきた。

 

 

ミッドタウン日比谷へたどり着けずへたり込む私。

その地下通路の側壁に、いくつもの小さな穴を発見した。

 

――これだ!ここから超音波が出ているんだ

 

私は立ち上がり、大きく息を吸い込んだ。

そして両手で耳を塞ぎ、

 

「わーーーーーーーーーっ」

 

と叫びながら通路を駆け抜けた。

 

 

・・ようやく超音波地獄から抜け出せた。

 

恐れ慄く友人は、柱のかげに隠れた。

 

 

**

 

ネットで「高周波 超音波 虫」と検索すると、いくつもの動画が出てくる。

 

所詮動画だが、試しに20kHzのモスキート音を再生してみた(音量は最低にして)

 

(ん?別になんともない)

 

おかしいなと思いながらスピーカー部分を自分に向けた途端、

 

「ぐわっっっ!!!!」

 

脳に突き刺さる攻撃的な超音波に、握っていたスマホを落とした。

 

ーー間違いない、これだ。

 

 

都内には超音波トラップが多い。

地下鉄日本橋駅もその一つだ。

日本橋駅から地上に上がろうとすると、このトラップが張ってある。

 

いつも私はここで15分ほど(覚悟を決めるために)格闘している。

 

どうか私と待ち合わせをする際は、日本橋や日比谷は避けていただきたい。

でないと、高周波トラップにかかり私が衰弱してしまう。

 

Pocket

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です