田田田田田田

Pocket

 

友人の六田(仮名)は変わっている。

家ではちゃんちゃんこをはおり、雪駄を引っかけ、煙管(きせる)でもくわえていそうな、今どき珍しい古風な男。

 

六田との出会いは10年前。

友人の選挙を手伝いに大阪へ行った時のこと。一風変わった奴がいる。なんというか、生を受ける時代を間違えたかのような、時代錯誤な才能に溢れた優秀な変人とでも言おうか。

 

そんな六田は早稲田大学で哲学を学んだ。まぁ見るからに「そんな感じ」なのだ。

 

大学卒業後の話になったところ、明言を避ける言い方をしたため、

「留年でもしたの?」

と半分からかいながら尋ねると、

「まぁ、そんなところやね」

と答えた。

留年というのも六田らしく「わかるわかる」となった。

 

しかしいつだったか、その「留年」が留年などではなく、大学院に通っていたことが発覚した。

さらに入学先が東工大というから驚いた。

 

東工大(東京工業大学)といえば日本トップクラスの国立理系大学。

イギリスの教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が公表した「世界大学ランキング日本版2021」の総合ランキングでは、東京大学を1ポイント抑えて堂々の2位に輝いている(ちなみに1位は東北大学)。

 

ましてや「文系」の六田がなぜ「理系」の大学院へ行ったのか。驚きと謎でしかない。

 

「理転したんやないんよね、オレ元々理系やから」

・・・へ?ではなぜ早稲田の文学部へ?

「高校の時の先生でオモロイ人がいはって、その人が早稲田やったんよ」

 

そうなのだ。高校の国語の先生が非常に面白い人で、その人に感化された六田は、理系進学コースに在籍していたにもかかわらず、私立文系を受験し見事合格したのだ。

まぁこれだけでも圧倒的な頭のデキの違いがわかるのだが。

 

ちなみにうろ覚えだが、確かその先生が「エロス」について語ったことに感銘を受け、

「こんな面白いことが学べる哲学科へ行ってみたい。長い人生、4年くらい回り道したって大差ない」

となり、急遽、早稲田大学を受験したのだ。

(後日、わたしの記憶が確かがどうかを本人に確認したところ、「エロスじゃなくて、文楽や西鶴に興味を持たせてくれた先生や」と怒られた)

 

ともあれ4年間エロスについて学んだ後、本来の分野である理系へと進んだ六田。

彼自身が予てから学びたかったことを修得するべく、大学院へ入学したわけだ。

 

学校へは行かず、雀荘でのバイトに明け暮れた結果留年したわたしと比べると、ものすごく大きな差を感じる。

大学卒業後の進路を濁した六田に対して、てっきり「留年したことを恥じている」と勘違いしたわたしは、

「なんだ、六田も似た者同士だね!」

などと軽口を叩いたわけだが、とんでもない赤っ恥をかいてしまった。

 

そして今、六田は父の後を継ぎ「工芸職人」をしている。

彼の父は美術大学で講師を務めるなど、多くの工芸品に関わり、次世代の担い手を生んできた。

 

ーー何かがおかしい。なぜこんなにも万能な人間が存在するのだろうか。

 

これで六田が、工芸品を作るのがめちゃくちゃ下手ならば問題ない。

だが多くのクライアントから依頼を受け、その道のプロとしてキャリアを築いているのだから、世の中不公平だ。

 

そんな六田から久しぶりにメールが届いた。

「おはようさんです。人工物のゴーストタウンは半ば滑稽ですが、名所旧跡のしーんは最高ですね。うろうろしてます。」

こんな出だしで始まっていた。これこそ哲学科出身の書く文章だろう。

 

そして何やら添付ファイルがあるので開いてみると、

「九州のとある島を舞台とした小説の一節です」

と、冒頭に記されている。

 

メールへ戻ると続きがあり、

「ちなみに今年から地方の学校で工芸の授業をしてますねん。余談ですが、つい先日学生に投げかけた課題があって、URABEさんにもチェックしてもらおうと思い立ちて添付してます。忙し思うんやけれど、寸暇、気晴らしにでも」

と書かれている。再度、添付ファイルへ戻る。

 

「質問:あなたの「自分の存在の根幹をなすところのもの」は、どのようなものと思いますか。自由に考えてみてください。」

 

これが「学生に投げかけた課題」だ。

もちろん、本文を読んでからでなければ、下線部の意味は分かりにくい。

だが、本文を10回ほど読み返したにもかかわらず、わたしには一向に答えが浮かんでこない。

 

ーー自分の存在の、根幹?

 

メールをもらってから、かれこれ15時間は考え続けている。しかしなぜか、全く思いつかない。

そもそも「自分の存在」というものに意識を向けたことがない。

そこへきて「根幹」となると、漠然と考えたことすらない上に、さらにコアとなる部分についてなど、考えを巡らすことなどできるはずもない。

 

ーークリエイティブ系の学生は、常日頃こんなことを考えさせられてるのか。よかった、ソッチ方面へ行かなくて。

 

とうとう、全く関係ないところで安堵する始末。

 

だが今、ようやくこの課題の意味を理解できた。

 

「自由に考えてみてください」

 

そう。わたしは課題をクリアしたのだ。

 

 

(了)

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です