選挙における特殊作戦群の活躍ぶり

Pocket

 

友人のイワンコフが、地方選挙(大阪)に出馬することになった。

私は東京から大阪まで毎月1回、選挙活動(政治活動というべきか)の手伝いに通った。

 

くだらないな、と思ったのは、選挙に出馬する人は、公示(告示)前に「選挙運動」をしてはならないということ。

 

では、何ならいいのか。

 

それは「政治活動」らしい。

完全に ”揚げ足取り” の感が否めないが、公職選挙法上そのように定められているから、法の目をかいくぐるしかないらしい。

実にくだらない。

 

 

選挙(政治)活動には、「駅立ち」や「辻立ち」と呼ばれる演説方法がある。

これは駅や交差点に立って、自分はこんな街づくりを目指しています!とか、こんな未来を作りたいです!とか、到底達成出来そうにない夢や目標を堂々と語ることだ。

 

大阪生まれだが大学から上京していたイワンコフ、すっかり東京の人に成り下がっていた。

 

大阪市某区のベテラン区民たちから、

 

「東京に魂売ったモンが、偉そうなこと言うな!」

 

「兄ちゃんみたいなトッポイのは、ウチの区にはおらん!」

 

などなど、だれ一人として応援してくれる有権者はいなかった。

 

 

ある日、酔っぱらったオッサンがイワンコフに絡んできた。

 

「アンタ、キレイごとばっか言いよるが、ぶ、ぶろーくういんど、知っとぉか?んん?」

 

「えっと、Broken Windows Theory(割れ窓理論)のことですか?」

 

「んぉ?お、おぉ、それや」

 

「ジュリアーニ市長が治安対策として用いた理論ですね、それがどうしました?」

 

「・・・知ってればええんや。ほなな!」

 

 

(大阪って、面白い街だな)

 

こんな感じの駅立ち・辻立ちによる「政治活動」を半年くらい続けた。

 

ちなみに演説する際に「タスキ」を掛けるのだが、これもまた公職選挙法により、立候補予定の者は、公示(告示)前に自分の名前を宣伝してはならない(事前運動の禁止、文書図画の掲示の規制)らしい。

よく見かける「本人です」のタスキは、このためだ。

あぁくだらない。

 

 

投票日まで1か月に迫ると、いろいろ人が応援や手伝いにイワンコフ事務所へ訪れ始めた。

 

振り返ってみると、だれ一人として純粋にイワンコフの「当選のため」には集まっていなかった気がする。

まぁそれが選挙であり政治なのだろう。

 

 

定期来阪したある日、美人が一人と普通が一人、年上の女性が一人、イワンコフ事務所で留守番をしていた。

聞くと美人はイワンコフの義理の姉、普通はイワンコフの彼女(らしい)、年上の女性はイワンコフの母だった。

適当に挨拶をし、いつものごとく駅立ちの手伝いに向かった。

 

私は美人が好きだ。

駅立ちが終わり事務所へ戻ると、早速、イワンコフの義姉と仲良くなった。

 

「ウチな、『東京からモデルが来る』って聞いて楽しみにしてたんやで」

 

「え、それってあたしのこと?」

 

「そうやで。だからドア開けてアンタが入ってきたとき、筋肉とか人体模型のモデルさんやったんか~って思ったわ!」

 

(さすが関西人)

 

この日を境に、我々は常にペアで「政治活動」のお手伝いをした。

(主に喫茶店でオシャベリ)

 

 

そうこうするうちに、いよいよ告示日を迎えた。

いったん東京へ戻った私は数日後、再び大阪を訪れた。

イワンコフ事務所にはこれまで以上に人が集まっており、いかにも「もうじき選挙だ!」という活気に満ちていた。

そして意外なことに女性が多かった

 

美人義姉はニヤニヤしながら

 

「アンタに面白い報告があんねん」

 

と私を喫茶店へ連れて行った。

(註:大阪に「カフェ」はない。すべて「喫茶店」なのだ)

 

「あれからな、いろんなオンナが現れてんで。

ウチ、イワンコフの義理の姉やんか?だからみんなウチを取り込もうと必死やねん」

 

「え?!まさか今日いたあのへん、全員そうなの?!」

 

「そうやで。元カノとかもおるんやろけど、全員ソノ気で来てるで」

 

「マジで???」

 

「マジやで。”ウチがイワンコフを当選させます!”とか宣言しとったのもおるで」

 

もはや聞いているだけで笑いが止まらない。

我々は、それぞれの「彼女」に勝手にニックネームを付けた。

 

まずは「鳥足」

12歳年上の彼女は、大学院時代の同期らしい。

「なんでこんな賢そうな女性が、イワンコフなんかの手伝いにわざわざ来るんだろう」と不思議に思っていたのだが、これで謎が解けた。

 

そして「保育士」

これまた5歳年上の、色白でふっくらしたかわいらしい女性。

本人曰く「我こそが現職の彼女」らしい。

たしかにしょっちゅう手伝いに来ている。

 

さらに「できる子」

またもや年上でハキハキした活発な女性。

こちらも大学院時代の同期らしく、ポジション的には元カノ?くらいか(後に判明するが、交際期間が「鳥足」と重複していた)。

 

他にも、「花屋のバイト」「ウタマロ」「韓国系アイドル」などなど、どれが本物か分からない「彼女」がわんさか出てきた。

もはやコントだ。

 

 

しかし、これでハッキリ分かった。

なぜ事務所内であんなにギスギスした空気が流れていたのか。

なぜ女性陣が殺気立っていたのか。

 

それは全員が全員、

 

「我こそがイワンコフに頼られている彼女だ!」

 

という自負があったからだ。

 

 

私は半年間、はるばる東京から大阪まで、選挙の手伝いのためだけに通った。

イワンコフに頼まれたから、というのもあるが、私が社労士の仕事を始めた頃、イワンコフに「大きな借り」を作っていた。

その「借り」を返すチャンスがこの選挙だと思い、全力でサポートした。

もちろん、交通費も宿泊費も報酬ももらわずに、ボランティアで。

 

ならばーー

 

まずは「できる子」を呼び出した。

そして洗いざらい現状を伝えた。

すると、

 

「はぁぁぁ??ウチ、おとといイワンコフと寝たで?

そこで昨日保育士と寝たんか?キッモ!!!!」

 

(マジか・・)

 

次に「保育士」

 

「やっぱり。なんかおかしいと思ってたのよね。

でも今は私が彼女のはずだから」

 

(うーん、どうだろう)

 

「鳥足」へ行こうとすると、「できる子」が何やら恐ろしい形相で彼女と話をしている。

 

(あ、これ話したな)

 

私は再び、美人義姉と喫茶店で落ちあい結果報告をした。

 

 

投票日まであと数日。

誰が「選挙カーで最も優位なポジション=現役彼女の座」に就くのか火花を散らす最中に、私が特殊作戦群としてデカい爆弾を投下してやった。

 

女性陣の表情は、怒りや悲しみを通り越し、般若、いや阿修羅のようだった。

事務所の雰囲気は、それこそ筆舌に尽くしがたい状況になっていた。

 

無事任務を遂行したところで、投票日を待たずして私は東京へ戻った。

 

 

その後も随時、美人義姉から報告があった。

驚くことに、空中分解したと思われた女性陣が再集結したのだそう。

その際「私は、いついつ付き合っていました」と暴露しあい、交際期間の重複が次々に発覚

泣いたり怒ったり大変な騒ぎになったが、最後は一致団結し、

 

「イワンコフが落選するも当選するも、私たち次第。

ならば当選させて、一発ずつ殴って解散しましょう」

 

となったらしい。

 

 

オンナとは恐ろしい生き物だ。

それと同時に、計り知れないパワーを秘めていることも事実だ。

オンナを敵に回すと、想像以上の地獄絵図が待っているかもしれない。

 

世の男性はぜひとも気を付けてもらいたい(とくに、特殊作戦群に)

 

 

Pocket

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です