チルアウトレイジ

Pocket

 

外は寒いが太陽の日差し十分な本日の東京。

私は優雅に、そしてオシャレにチルアウトを満喫しようと、表参道のカフェに入った。

カフェでオシャレに過ごすには窓際は外せないわけで、さっそく青空を臨む開放的なテーブルにつく。

 

注文したのはドリップコーヒーとホットチョコレート。

これまた、冬の醍醐味ともいえるオシャレドリンクだ。

ハードカバーの本でも片手に熱いコーヒーを楽しみたいものだが、残念ながら文字を読むのは得意ではないため、外をぼーっと眺める私。

 

外はあんなにも寒かったが、ガラス一枚でこんなにも暖かいのかーー

 

そんな当たり前のことを思いながら、青空を見上げる。

 

最初の1分くらいは素晴らしかった。

真冬の青空ほど、透きとおった美しさを見せるものはない。

だが、

雲一つない青空は言い換えると「日光を浴び放題」なわけで、まぶしい。

今サングラスなど持っていない私は、悠長に外を眺めている場合ではない。

 

ちょうど向かいのビルにより日陰が形成される席があるので、そそくさとそちらへ移動する。

 

ーーおぉ、快適だ

 

今度こそ、直射日光をビルで遮りながらも美しい青空を拝める、最高のスペースを確保した。

そう思った数分後、

直射日光など比にならないほどの強烈な光が私を襲う。

 

光の正体は太陽。

ビルの陰のはずなのに、なぜ?

 

なんと、向いのビルが鏡張りでできており、太陽の位置が少しズレたと思ったら、ちょうど反射する場所に私が陣取っているのだ。

 

ーークソッ、まぶしくて目も開けてられない

 

優雅にチルアウトが突如サバイブと化した。

私めがけて照射してくる反射光を遮るため、顔の角度や向きを変えるもロックオンされている。

席を移動しようにも、窓側はすでに埋まっている。

かといって奥へ移動するのも癪(しゃく)だ。

 

ここで私は究極の遮光方法をひらめいた。

これは過去にも実践した方法だが、あのときは寒さをしのぐための苦肉の策だった

だが今日は、日光を遮るための有効策と言える。

 

ーーマスクだ

 

そもそも「アイマスク」というものが販売されているわけで、目にマスクをすること自体、おかしなことではない。

そして本日、あいにく手ぶらで外出した私の所持品は、財布とスマホとマスクしかない。

 

財布を日よけに使えば良いのでは?

ノーノー、だったら手で十分だろう。

 

しかもそんなことで片手を占拠されては、優雅なカフェタイムにならない。

あくまでリラックスした状態でコーヒーをすするのがオシャレなわけで、そこに苦労が加われば優雅さに泥を塗ることになる。

 

私はいま外を向いて座っている。

道行く人がわざわざカフェを覗くようなことはしない。

あわよくば、カフェのガラスが反射して外から中は見えないかもしれない。

だったら私がどんなカッコをしていようが、誰も気にすることはない。

 

そう結論付けた私はさっそく、マスクを目にかぶせた。

 

ーーおぉ、最高に遮光されている

 

そこから30分ほど、私はセレブになったつもりでゆっくりとコーヒーを堪能した。

これがオシャレエリア・表参道のカフェでの優雅な過ごし方だ。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です