ISSUE(イシュー)

Pocket

 

「煙草の臭いがクサいと感じるようになったんだよね」

友人が告白する。

ヘビースモーカーだった彼女は、妊活をきっかけに喫煙を辞めた。

 

ーーそもそもなぜ煙草を吸うのか

 

煙草に含まれるニコチンは脳にあるニコチン受容体と結合する。

するとドーパミンが大量に放出され快感を味わうことができる。

そのため、

「気持ちが落ち着く」

「ホッとする」

という効果をもたらすが、しばらくするとニコチンの作用が切れるため、再び煙草を吸うという繰り返しでニコチン依存症となる。

 

友人は強い意志を持って禁煙したわけでも、壮絶な努力を続けたわけでもない。

本人が自ら火をつけない代わりにパートナーの煙草を一口分けてもらうなど、なんとなくダラダラ煙草を断つ方向へと行動はしていた。

だがこのたび、ハッキリと禁煙のフェーズが進んだ。

 

人間の嗅覚は、自身に有害な物質に対して「クサい」と感じ、拒絶する。

 

そのため、本来であれば煙草の臭いも「クサい」わけだが、ニコチン依存症となるとその悪臭が「イイにおい」に感じてしまうため厄介。

だが本日、煙草という有害物質に対する正常な嗅覚を取り戻した友人をみて、人間の有能さを再認識させられた。

 

 

昨夜、得意のウーバーイーツでカレーを注文した。

時刻は22時、宅配可能な飲食店も限られているなか、大好物のカレーを見つけた私は即クリック。

宅配系のカレーで失敗することは、まずナイ。

 

20分後、カレーが到着。

コスパで選ぶならこの一皿、野球で例えるなら「メジャーカレー」といったところ、2,000キロカロリーを超えるボリューム満点のカレーを注文。

キリのいいところまで済ませたら食べよう、とタイピングの勢いが増す。

 

ーーん?

 

カレーのいい匂いとは別に、なんとも異様なニオイをキャッチした。

目の前には届いたばかりの大盛りカレー。

ではこのニオイはいったい?

 

ひとまず仕事に集中し、カレーが冷める前に口に入れるべくタイピングを続ける。

だが、もはや吐き気を感じるほどの異臭が私の鼻を突く。

 

ニオイの発生源は目の前のカレー以外にありえない。

恐る恐るカレーの蓋を開け、ニオイを嗅ぐ。

 

ーー別に臭くない

 

不思議なことに、蓋を空けてクンクンするとカレーの匂いはするものの、さっきまでの異臭はしない。

どういうことだ?

 

とりあえず蓋をしてタイピングを続ける。

だが、やはりどこからともなくムカムカするニオイが漂ってくるのだ。

 

ーー廃油というか、油が劣化した臭いだ

 

間違いなくこれは酸化した油の臭い。

嗅いだだけで胸がムカムカする。

ところが、カレーの蓋を開けるとその臭いが消える。

どうなってるんだ?

 

冷静に分析してみる。

油が酸化した臭いはカレーからというより、カレーにトッピングされているロースかつやチキンカツ、エビフライ、ウインナー、そして追加した目玉焼きなどを調理する際に使用した「油」から発せられると予想。

そして、厨房に大量に重ねてある容器にその油が付着。

宅配用に盛り付け、蓋をして料理の匂いを閉じ込めると、容器に付着した油の臭いだけが漂う。

ましてや配達員が運びやすいようにビニール袋に入れてあるため、袋内は容器の油の臭いが充満している。

そのビニール袋の口から漏れるニオイといえば、油の臭いしかしない。

 

この推理で間違いないだろう。

 

前述したが、人間の嗅覚は有害物質に対して反応する。

私が顔を歪めるほどの異臭が、私に対して有害でないわけがない。

 

では、目の前の大盛りカレーを一口も食べずに捨てるのか?

それとも、

「古い油で調理しやがって!新しいの持ってこい!」

とクレームすべきか?

 

時刻は22時半。

一日の大仕事を終えようとする廃油はさぞかし臭いだろう。

人間だって、汗をかきしばらくすれば臭くなる。

油だけが差別されるのは割に合わない気もする。

 

私はため息をつきながらパソコンを閉じ、カレーの蓋を剥ぎとる。

もう一度、カレーの匂いを嗅ぐ。

 

ーーカレーは臭くない

 

自分の嗅覚と推理を信じ、有害なのはこの「容器」だと断定。

厳密には、容器に付着した廃油の臭いだが。

そして覚悟を決めると、一気にメジャーカレー大盛り目玉焼きトッピングを食べ尽くす。

 

ーーいいんだ、このトッピングが廃油で作られていようが、今の私にはメジャーカレーを食べずに捨てるなどという選択肢は、毛頭ないんだ

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です