カメラを盗むな!リモート大作戦!

Pocket

 

ーーこのカメラを盗もう

 

一眼レフカメラに詳しいわけではないが、間違いなく高価な物だろう。

たしか、レンズだけでもン百万円するものもある、と聞いたことがある。

このレンズはさほど長くないが、デルモンテやハインツのトマトソース缶くらいはある。

 

ーー質屋に売り飛ばせば、まぁまぁな金額になるはずだ

 

相場は不明だが、まだ新しそうなので7掛けくらいで買い取ってもらえるのではないか。

勝手な想像を膨らませつつ、カメラをまじまじと見つめる。

 

私はいま、新年初の柔術の練習に来ている。

しかも自分の道場ではなく出稽古先にいる。

そこの更衣室に入った途端、この眩しい逸品に目が留まったのだ。

 

誰かの一眼レフカメラは、高価であることを知らしめるが如く黒光りし、圧倒的な存在感を放つ。

鑑識力に優れる私は、紛い物(まがいもの)をつかまされることはない。

つまり今日のカメラも間違いなく高く売れるはずだ。

 

問題は、ポケットに収まるほど小さくはないカメラを、どうやって更衣室から運び出すか。

よりによって今日、手ぶらで練習に訪れてしまった私。

古くから使われるオーソドックスな方法である「腹に隠す」「上着の内側に隠す」などでは、あからさまなモッコリ感が出るだろう。

 

では、あたかも「私カメラやってます!」と言わんばかりに、首から下げて出て行けばバレないだろうか。

しかし出稽古代まで払った私が着替えもせずに帰るなど、どうみても怪しすぎる。

かつ、持ち主が着替えの際にカメラが消えていることに気付けば、百パーセント私が疑われる。

 

ということは、私が趣味でカメラをやっていて、

「今日は皆さんを撮影しますよ!」

というテイで写真を撮りまくればどうか。

 

キヤノンの一眼レフなど巷に溢れている。

種類は違えどウチの母親も持っていた。

 

よって、これはありふれたキヤノンのカメラで、たまたま同じカメラを持つ二人が新年早々の練習で一緒になった。

そして哀れにも、片方のカメラは忽然と消えてしまった、という設定でいけるのではないか。

 

ましてや私がこのカメラを使いこなしていれば、誰も私を疑うことはないだろう。

 

ーーよし、この作戦でいこう

 

素早く道着に着替えると、カメラを首に掛けて更衣室を出た。

 

新年早々、20人ほどのメンバーがスパーリングに没頭している。

カメラを提げた私を不審に思う者はいない。

 

「久しぶりじゃん!」

「朝起きれたんだねー」

 

他愛もない会話を交わす。

 

(ところで電源どれだ?)

 

一眼レフなど扱ったことのない私は、カメラの電源スイッチがどこにあるのか分からない。

上下左右、舐め回すようにカメラを見ると、「ON/OFF」と分かりやすく書かれたスイッチを発見。

冷静に「ON」にする。

 

ここからは誰をどのように撮影しようがどうだっていい。

画像を見せることもなければ、誰かに渡すこともない。

ただひたすら、「自分のカメラ」で撮り続ければいいだけ。

 

私もちょくちょくスパーリングに参加し、休んでいる間は撮影をする。

この繰り返しで1時間が過ぎた。

 

(そろそろ帰ろうかな)

 

早いところ質屋で換金したい私は、カメラを片手に更衣室へ戻ろうとした。

そのときーー

 

カシャッ、カシャッ

 

シャッターを押していないのに、勝手にシャッターが切れる。

何ごとかと焦った私は周囲を見渡す。

 

すると、わら人形に五寸釘を打つかのような形相で、スマホのボタンを連打する女の姿が。

なんと、スマホとカメラを連動させたリモート撮影機能により、ものすごい勢いでシャッターを切り続けているではないか。

 

「それ、私のカメラだよね?」

 

今のご時世、誰かの物を盗むのはハイリスクすぎる。

こんなリモート機能で「自分の物」であることを示されてしまうのだから。

 

「か、カメラ触ってみたかったんだよね、勝手にいじってごめん」

 

まさか「質屋に売り飛ばそうとしました」とは言えず、平身低頭ひたすら謝る私。

もう二度と、ここへ出稽古に来ることはないだろう。

 

 

当然、すべて架空の話だ。

 

他人の所有物を「欲しい」と思ったことはあっても、「盗もう」と思ったことはない。

残念ながら窃盗犯になりきることはできなかったが、

「盗むとしたらどうやって盗むだろう」

と2秒くらい考えたあげく、出てきた答えがコレだった。

 

つまり、私が物を盗んだら確実にバレるということだ。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です