謝罪の仕方、仕返しの仕方。

Pocket

 

先日、Uber Eatsの件で謝罪について考えた。

 

人それぞれいろんな謝罪の仕方があるだろうが、謝罪について、

「相手にわかってもらおう

が、最悪な謝罪となる。

 

「とにかく私が悪うございました」

が、謝罪の正解だ。

 

こういえば相手も理解してくれるだろう、などといった愚かな考えは、謝罪の段階では切り捨てるべし。

 

なぜなら、相手は怒っているのだから。

その怒りには、もはや理由などないわけで。

とにかくその怒りを鎮めるべく、ひたすら純粋に謝罪をするのだ。

 

一つ、私が実践した素晴らしい謝罪の例を挙げよう。

 

**

 

場所はJR池袋駅、山手線ホーム。

射撃場へ練習に行く途中だった。

 

でかいキャリーケースに銃を入れ、ガラガラと転がしながらの移動のため、まるで海外旅行者ばりの邪魔さ。

 

山手線はとくに乗車率も高く、池袋なんて乗降客数も多いため、みなさんにご迷惑をかけがちだ。

 

謙虚がウリの私は、池袋で降りる客の最後尾につき、迷惑にならぬよう静かに並んだ。

 

と、そのとき。

 

駆け込み乗車のサラリーマンと思しきオッサンが、ぶつかってきた。

 

念を押すが、オッサンが、駆け込んできた。

 

そして一言

 

「チッ(舌打ち)

邪魔なんだよ」

 

(ほー、そんなこと言っちゃうんだ)

 

私は考えた。

このオッサンは怒っている。

私に対して怒ってる。

ならば私は謝るべきだろう。

 

どちらが悪いか、は、この際どうでもいい。

怒っている人相手に、このままこの場を立ち去ることなど私にはできない。

では、気分良く去るためにも私が謝ろうでわないか。

 

ガラガラと転がしていたキャリーケースを、電車とホームにかかるように静かに置いた(中身が中身なもんで)。

 

そして、山手線のホームで土下座した。

 

土下座した瞬間、

 

「大変申し訳ございませんでした!!!」

 

と、大声で謝罪してやった。

 

車内、ホーム、騒然。

ターゲットのオッサンは、ギョッとした顔で振り向き、慌てて奥のほうへ逃げていった。

 

「大変、申し訳ありませんでした!!!!」

 

再度、私は大声で謝罪した。

 

もう、私の周囲は見物客で包囲されている。

山手線は、発車したくてもキャリーケースが横たわっているため発車できない。

 

車内の乗客が、例のオッサンを見る。

その結果オッサンは居づらくなり、こちらへノソノソやってきた。

 

「もういいから行きなさい、迷惑だろう

 

(そうか、私はオッサンに迷惑もかけているのか)

 

「ご迷惑をおかけして、大変、申し訳ありませんでした!!!!」

 

腹の底から声を出し、心の底から謝罪した。

 

「もういいから、さっさと行け!」

 

オッサンは私の銃が入った大切なキャリーケースを、蹴った。

 

(ほーぅ、そういうことするんだ。

なるほどね)

 

 

スーー(息を吸う音)

 

 

うわぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!

 

 

私は久しぶりに大声で泣いた。

いや、正確には泣き叫んだ。

鼻水を垂らしながら、池袋駅に響き渡る声量で泣いた。

 

 

「ほ、ほんとぅに、も、もぅしわけあり、ありませぇぇんんん(鼻水)、うわぁぁぁぁぁぁぁん!!!!!!」

 

 

池袋駅、騒然。

駅員も駆けつけ、どうしました?!とオロオロ。

電車は遅延(悪いのは私じゃない)。

 

オッサンはあれこれ言い訳をするが、ホームに土下座で大泣きする女性と、片や上から見下ろす偉そうなクソジジィ、軍配は私に上がるに決まっている。

 

とりあえず、キャリーケースをホーム側へどかし、山手線は発車した。

 

残された私とオッサンは、駅員2人に事情聴取されることになった。

 

私は先を急いでいた。

射撃の練習に行くので。

 

とりあえず泣き続け、震える声で事実を説明した。

 

ノロノロしていたワタシが悪いんです。

そのせいで、この紳士にご迷惑をおかけしたんです、ウゥ…。

 

 

するとオッサンが、

 

「まぁ私も言いすぎたんで、すみませんでした」

 

 

・・・はぁ?

 

 

「あのさぁ、謝るくらいなら舌打ちとかしてんじゃねーよ。

テメーが前方不注意でぶつかってきたくせに、こっちのせいにしてんじゃねーよ。

あのままアタシが倒れてやったら、テメーが傷害罪だぞ?

 

とにかく、後で謝るくらいならはじめっから挑発的な態度とるな、腹立たしい」

 

 

そう正論をぶちかまし、私はその場を去った。

 

追ってくるものは、いなかった。

 

 

**

 

 

なるほど、これぞ正に「謝罪の真骨頂」と言えるスッキリ謝罪だ。

 

謝罪の結果、相手に「あぁ自分も悪かったな」と思わせることができたならば、それは「謝罪大成功」だ。

 

ときには大胆な手法で、お詫びの気持ちを示す必要もある。

とくに、屋外の汚い地面に土下座は、インパクト大だ。

 

土下座を敢行するコチラも、かなりの覚悟が試される。

ここはもしかすると、酔っ払いの吐瀉物があった場所かもしれない。

はたまた、犬のウンコを踏んだ靴で電車を待っていたかもしれない。

そんな危険地帯に両手をついて土下座をするのだから。

 

 

そして、反面教師として告げる。

いずれ「自分も悪かった」などと言うのであれば、はじめからキレるべきでない。

キレたのなら、最後までキレ続けるべきだ。

 

その我慢比べを、こちらはしているのだから。

 

 

**

 

さて、当然ながらこんな話は嘘だ。

こんな、基●外じみた行動をする人間がいるだろうか。

いるはずがない。

 

 

ということで、謝罪させる相手は選べ、という、注意喚起の話でした。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です