メキシコだけど、メキシコじゃない🇲🇽

Pocket

 

二日前、メキシコのメシが不味いことばかり書いたので、もう少し別のメキシコを綴っておこう。

 

まず、メキシコ(メキシコシティ)へ行ったことがない人のために、お知らせすべきことがある。

 

主に2つ。

 

①メキシコにサボテンは生えていない

②メキシカンはストローハットなんてかぶっていない

 

日本人に植え付けられたイメージでは、でかいサボテンに囲まれ、ストローハットに口ひげをたくわえたオジサンが、ギターかバンジョーだかをかき鳴らす画。

 

しかし、そんなものはメキシコシティ(市内)ではお目にかかれない。

 

市内から高速バスで1時間ほど進んだところで、サボテンが突如現れる。

 

つまり、人為的なニオイがする。

 

突如サボテンが現れた頃、これまた突然ストローハット売りが現れる。

陽気な雰囲気を醸し出す、やらされてる感満載なアルバイトと思しき男性が。

 

ワタシは騙されなかった。

 

オーストラリアのウルルへ行ったときも、原住民のアボリジニーが、携帯電話を隠し持っているのを目撃した。

わざと原住民ぽい衣装と楽器(ディジュリドゥ)と振る舞いで、アホ・・・いや、純粋な観光客たちを楽しませてくれていたのだ。

 

とにかく、ワタシは伝統や文化など、まやかしだと決めつけているので、このサボテンと帽子が「自然ではないこと」は見抜いていた。

 

が、多くの観光客(国籍、性別、年齢問わず)の目はふし穴のため、ストローハットをこぞって購入し、サボテンの前でポーズを決めて記念撮影を楽しんでいた。

 

 

むしろワタシは、人工的なサボテンとストローハットの、道を挟んだ逆側の景色にくぎ付けだった。

 

小高い丘が連なっているのだが、その斜面にビッッシリ、民家らしき小屋?が建っているのだ。

 

(これ、郵便物って届くのかな・・・)

 

全ての家が斜面に建っているので、真っすぐな家など一つもナイ。

洗濯物は、隣の家の柱と自分の家の窓をつなぐヒモに干してある。

カラフルな国旗みたいで、ある意味、キレイだ。

 

ここで暮らす人々は、なんの仕事をしているのだろう。

子どもたちが通う学校は、どこにあるのだろう。

手紙や物資を送ったら、本当に正確に届くのだろうか。

車輪のついてる乗り物を路駐したら、すべて、下まで転がり落ちるわけで、ここで路駐はありえないな。つまり、警察もそこは注意する必要がないな。

 

ちょっと文学的な思想に耽っていると、友人に、「はやく行こうよ」と引き戻された。

 

そうだ。

私は観光が大っ嫌いなのに、メキシコ赴任中の友人は、毎日、学校と仕事のくり返しで、観光をしたことがないため、帰国前にピラミッドへ登りたい、と懇願されたためしぶしぶ同行したのだった。

 

上機嫌な友人は、ワタシにストローハットを買い与えた。

ティアドロップのサングラスまで買ってくれた。

なにが楽しくて、こんな滑稽な似非メキシカンを演じなければならないのか。。

(一応、写真には納まっておこう)

違和感なし!

 

テオティワカンは、世界三大ピラミッドの一つらしい。

 

テオティワカンは、強風だった。

強風にも関わらず、ピラミッドに設置された階段に、手すりはなかった。

 

その代わり、ところどころロープがぶら下がっていて、お年寄りはそのロープにしがみつきながら、文字通り命がけでピラミッドを登っている。

 

階段でいうところの「踊り場」的なところ、ピラミッドの中間地点あたりで、ある方向に向かってポーズを決めて写真撮影するのが、テオティワカンの決まりらしい。

 

観光客は恥ずかし気もなく、全員同じポーズで撮影していた。

 

テオティワカンの何が恐ろしいって、その記念撮影スポットの背後というか、ピラミッドの外側に、手すりも柵もクサリもロープも、障害物が何もナイのだ。

 

しかも、強風。

 

(これ、絶対に死んでるぞ何人も)

 

友人にその話をすると、友人はケロっと、

 

「うん、たくさん死んでるらしいよ」

 

これがラテンアメリカのマインドなのか。

 

「転落事故は自己責任です」

 

と書いてあるような気がする看板を目にして、多分、本当に事故が起きても、

 

「あぁ、勝手に登って落ちたんだね」

 

で、終わる気がした。

 

お年寄りが必死にロープにしがみつき、段差が大きく登りにくい階段を、一歩ずつ噛みしめながらココを目指している。

 

その先に、何があるというのだ。

下手したら、本気のゴールだ。

(以下、自粛。)

 

 

とその時、なぜかずーーっと同じペースでピラミッドを登ってきた “仲間” と目が合った。

世界遺産を、革パン、モヒカン、舌ピ、全身タトゥーで、ガムをクチャクチャしながら大騒ぎしてる4人組だ。

 

何度か話しかけようとしたが、仲間と思われるのもなんだかなぁ、と躊躇した。

 

しかしもう出口へ向かう道中、このチャンスを逃したら二度とコミュニケーションをとることはないだろう。

 

私は意を決して話しかけた。

 

 

彼らと何を話したかは覚えていないが、気がつくと一緒に写真に納まっていた。

 

彼らは「TOTAL CHAOS(トータルカオス)」という、ヘビメタバンドのメンバーで、メキシコでライブだったそう。

 

ヘビメタなど全く無知なワタシだが、

「あなたたちの歌、クールね!」

とノリを合わせて仲間になった。

 

 

ピラミッドとは縁遠いアメリカ人ヘビメタバンドと日本人が、メキシコの世界遺産でコミュニケーションを図った話でした。

 

Pocket

2件のコメント

高さ×4×πで4辺の合計になるんですよね。

エジプトのは高さ×2×πで4辺の合計となるようです。

地球をあらわしたかったという説が自分は好きですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です