「なんでわかってくれないの!」は、回避できる。

Pocket

 

本日は、「職業筆者」が、これまであいまいに回避されてきた「ミスコミュニケーション」について、バッサリいかせてもらいますよ。

 

**

 

クライアントや友人から、人間関係の「相談」をされるとき、そのほとんどが

「(部下へ)本旨が伝わらない」

「(恋人や友人間で)意見がすれ違う」

など、ミスコミュニケーションに関するものだ。入り口は違っても、話が進むにつれ、それは「ミスコミュニケーションが原因だ」となることがほとんど。

 

これについて日本人は、

「あいつとは性格が合わない」

「あいつは空気が読めない」

などと、なんともファジーな理由で片付けようとする。

 

それが、「本当の原因」だろうか。

 

 

1976年、アメリカの文化人類学者エドワード・T・ホールは、言語コミュニケーション文化を、

「ハイコンテクスト」

「ローコンテクスト」

という2つのタイプに分類した。

 

「コンテクスト」は、文脈(使用される言語、その中に含まれる、価値観や考え方など、さまざまな背景を含む)のことだが、我々日本人は、特に、めちゃくちゃ特に、このコンテクストが「ハイ(高い)」である文化の中で生きてきた。

 

そもそも、島国の日本は、他国とのコミュニケーションを遮断し続けてきた歴史がある。そのため、「独自のコミュニケーション文化」が発達した。

それは、昔の「読み物」などからもうかがえる。

だって、万葉集や百人一首を読んで、その言葉をそのままビジュアル化した場合、作者が意図した「芸術的表現の裏側」が描き出せるだろうか?まず描けないだろう。

つまり、これらを読む際には、

「行間を読む」

「文化的、歴史的背景を汲んで読む」

必要があるのだ。

 

これらが高じて、はっきりと言葉でつたえることは

「野暮だ」

「不躾(ぶしつけ)だ」

「性格が悪い!」

と、ひねくれた方向へと変化してきた。

 

それが現代になり、海外から異文化、異国人らが日本へ入ってきたことで、これまでの、「ハイコンテクスト文化の土台」では、彼らと正確なコミュニケーションが図れなくなってきた。

 

空気を読むのが得意な日本人同士では、なかなか指摘されないこの「ミスコミュニケーション」。しかし、コロナにより「オンラインでのコミュニケーション」が増加したことで、既存のフィジカル環境より、デジタル環境に身を置く時間が増えつつある。

 

特に、「チャット」が曲者だ。

メールであれば、ある程度まとまった文章にすることで、前後関係をコントロールできる。そのため、間違いなく「言いたいこと」が伝えられる(正確には、言いたいことを押し付けることができる)。

 

しかし、チャットはそうもいかない。

チャットは本来、「おしゃべりの延長」なので、短い言葉の掛け合いやスタンプで、お互いの感情や意思を「感覚的に伝えるツール」と言える。

このツールを使い、仕事での「ちょっとした確認作業」を再現してみよう。

 

(中略)

「社長、AよりBが良いと思いますが、いかがでしょうか?」

「いいです」

 

・・・さて、これは、AとBどちらが正解なのだろうか。

しかも、相手は「社長」だ。

 

「社長(汗)、お言葉ではございますが、社長がおっしゃった『いいです』は、AとBのどちらが『いい』という意味なのでございますでありましょうか・・・・・」

 

とは、さすがに聞けない。

あぁ、恐ろしや。

 

 

ハイコンテクストな日本に比べ、アメリカは超ローコンテクストだ。そりゃそうだ、移民文化のバカデカいあの国が、「空気を読んで」コミュニケーションなど、図れるわけがない。

 

言語に限定した話でいうと、インドを訪れた時に驚いたことがある。

インドは「ヒンディー語」が公用語だが、同じ市内でも、「村が違うと言葉が通じない」という不思議な現象が起きるらしい。なので、インド人はほとんどが(本人たちは「私たちは全員」と言ったが…)英語が話せる。

ということで、インドでは、インド人同士が「英語」で会話をするのだ。

 

考えてみれば、13億人が英語を話すインド。アメリカの人口がおよそ3億3千万人。

「英語といえばアメリカ!」の常識が覆される日は、そう遠くないのかもしれない。

 

 

**

 

ロスでアメリカ人の友人と、ランチをしようと待ち合わせをしたときのこと。何にする?と、お決まりの会話で、

 

友「シーフードはどう?」

 

私「んー、シーフードも悪くないけど、別のものでもいいかな」

(意味:シーフードの気分じゃないけど、せっかく提案されたのに無下に断るのは失礼だから、それとなく匂わせた上で、他のアイデアを出してもらおう)

 

友「ん?なんていう食べ物のことを言いたいの?」

(受け取り方:きっと、なにか食べたいものがあるんだけど、それを英語で言えなくて困っているんだろう)

 

私「いや、他にも何かあるかなー、と・・・」

(意味:お店詳しくないから、ほかにおススメがあれば紹介してほしい)

 

友「オッケー!じゃあシーフードの店にしよう」

(受け取り方:なんだろう。困ってるみたいだから、シーフードにしておこう)

 

私「え!!!!」

 

 

・・・はっきり答えないことこそ、アメリカ人に対しては「失礼なこと」なのだ、と気づかされた瞬間だった。

 

「アメリカはYesかNoでできている」というくらい、言葉の意味がはっきりしている。例えば、「みる」という単語一つにしても、

「See」

「Watch」

「Look」

「View」

など、単語で明確に区別ができる。

「Look」を「See」したら、怒られる場合もあるわけだ。

 

我々は、このコミュニケーション文化を否定することはできない。かつ、彼らとのミスコミュニケーションは避けねばならない。つまり、我々が「ローコンテクスト化」する必要がある。

ハイコンテクスト環境で育ってきた日本人ならば、ローコンテクスト文化に合わせることができる。が、その逆は無理だから、だ。

これを、日本人同士のコミュニケーションに置き換えてみよう。自分の考えは、あくまで自分の基準。相手の基準はそこにはない(可能性が高い)。

ましてや、付き合いはじめのカップルや、入社間もない社員とのコミュニケーションは、殊更かみ合うはずがない。そのかわり、割と頻繁にお互いを確認し合うのも、フレッシュな時期の特徴だ。

「私のこと、好き?」

「うん、好きだよ」

こんな会話、20年も連れ添った夫婦間では、頻繁には行われないだろう。

「愛の確認作業」が不要となる理由は、長期間にわたって寝食を共にしたことにより、夫婦間に「ハイコンテクスト環境」が成立したためだ。しばしば、これが原因でケンカに発展するケースもあるようだが・・・。

 

夫「わざわざ好きだなんて、言わなくてもわかるだろ」

妻「言わなきゃ伝わらないでしょ!」

 

仕事でもプライベートでも、相手の「コンテクストレベル」に合わせて、コミュニケーションを図ることが重要だ。

誤解してはならないのが、理解してもらえない理由が「ミスコミュニケーションによるもの」であれば、この方法で解決できる。しかし、「根本的に受容できないこと」であれば、そもそもそれは理解されない。

この違いを念頭に、より快適なコミュニケーションを図れるよう、日本人は進化してもらいたい。

 

**

 

(編集後記)

筆者のコンテクストは、食べ物の質、量、値段によって左右される。どんな歯が浮く称賛より、「食べ物」という現物に勝る評価は存在しないだろう。というわけで、食べ物での評価を期待しています。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です