迷宮入り未会計事件に迫る

Pocket

 

ーー震えた

 

今さらながら、

「一つ間違えば私も犯罪者」

という恐怖に、全身が震えた。

 

何の話かというと、迷惑系ユーチューバー・へずまりゅうのことだ。

彼の噂は知っていたが、大して興味もないので気にも留めなかった。

 

そのへずまりゅう、昨年5月に愛知県岡崎市のスーパーで購入前の魚の切り身を勝手に食べたあげく動画配信し、7月に窃盗容疑で逮捕されたのだ。

実際に私はその動画を見ていないが、へずまりゅうがとった行為に身に覚えがあった。

 

スーパーやコンビニといった小売店で会計前の商品を勝手に食べることは、店の意思に反して財物の占有を取得したこととなり違法であることくらい、誰でも察しがつくだろう。

 

ただこれは、あくまで日本での話だ。

 

日本ではそれが当たり前で、へずまりゅうのように窃盗容疑で逮捕されかねない、ということなわけで。

 

 

5~6年前、ナポリに短期滞在していたときのこと。

夕飯の買い物に大型スーパーを訪れた。

 

珍しい食材や出来合い惣菜などを物色していると、地元住民と思われるラフな格好のおじさんが近づいてくる。

彼はおもむろに手に取った総菜のふたを開け、パクパクと食べ始めた。

 

(酔っぱらってんのかな)

 

初めて見る食事の光景に、思わず目が釘付けになる私。

 

するとおじさん、私に向かって「口を開けろ」とジェスチャーをする。

言われた通りに口を大きく開けると、総菜の残りを私の口へ放り投げてきた。

 

(んー、これはサーターアンダギーか?)

 

モグモグしながら考える。

イタリア語が話せない私は英語で質問する。

 

「You already paid?」

(金払ったの?)

 

「Offro io!」

(俺のおごりだよ!)

 

(と言ったかどうかは不明だが、明らかにそういう雰囲気だった)

 

そして空になった容器を輪ゴムで留めるとショッピングカートへ入れ、ウインクしながら去って行った。

 

後に友人に聞くと、ナポリではよくあることなのだそう。

空の容器をレジで出すと、金額だけ支払っておとがめナシなのだと。

(もちろん、それが本来の購入方法ではないのだが)

 

あの当時のことを思い出し、

 

「もしも場所が日本で、あのおじさんがへずまりゅうだったとしたら、私はヘタすると共犯者となる可能性があったじゃないか!」

 

と、身震いせずにはいられなかった。

 

 

近所のコンビニで買い物をしたときのこと。

常連の私は店員と仲がいい。

来店客が少ない時など、しょっちゅうくだらない話で盛り上がる。

 

ピッ

 

その日も電子マネーで支払いを済ませると、購入した商品の中からアイスを取り出した。

店員がビニール袋に詰める間、私はアイスを開封し食べ始める。

いつもの光景なので誰も驚きはしない。

 

しかし、

店内に入ってきた客が、あからさまに怪訝な顔で私をじろじろと見る。

 

(なんだろう、私が珍しいのかな)

 

特段気にせず、アイスを食べながら店員が詰め終わるのを待っていた。

 

だがいま思えば、あれは私が会計前にアイスを食べたと思われたのかもしれない。

 

たしかにコンビニのレジ前でアイスの袋をバリバリ開けて食べている客など、見たことがない。

一歩間違えれば、私もへずまりゅうと同レベルの犯罪者だと思われた可能性がある。

 

あぁ、考えるだけで恐ろしい。

自宅が寒いからなのか、恐怖のせいなのかは分からないが、とにかく震えが止まらない。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です