速度×傾斜×日米対決=フルーツ没収

Pocket

 

ちょうど一年前、私はテネシー州にあるメンフィスを訪れた。

当時、NBAトップチームであるメンフィス・グリズリーズとツーウェイ契約を結んでいた、日本が誇るバスケットボールプレイヤー・渡邊雄太のサポートが目的。

 

・・などとカッコよく切り出したが、実際は私自身の壮絶なウエイトコントロールの思い出しか残っていない。

 

 

とにかく私は体重の増加を気にしていた。

なぜならメンフィスから帰国した翌日、柔術の試合でポルトガルに向かうからだ。

 

アメリカといえばドリンクのサイズが摩訶不思議なことで有名。

日本で言うSサイズなど存在しない。

 

アメリカのLサイズは1.5リットル、いや2リットルくらいある。

 

このボリュームが一般的なアメリカで、まともに3度の食事をとり続ければたちまち胃袋拡張、すなわち計量失格となるだろう。

ただでさえ飛行機の移動はむくみを伴い、ナーバスになるというのに。

 

仕事そっちのけ、体重の増加に恐れおののきながら、私のメンフィスがスタートした。

 

 

メンフィス2日目。

同行していた渡邊雄太の父が、ホテルのジムで朝からきっちり走ってきたという情報を入手。

走ることが大嫌いな私だが、背に腹は代えられぬ。

その日の夜、早速ジムへと向かった。

 

立派なウエイトマシンにトレッドミル(ランニングマシン)、バーベルやダンベルなど、ありとあらゆる運動器具が装備されている。

たしかにアメリカ人は、太っている割には運動好きなイメージだ。

まずは食事をどうにかすればいいのに、と思うが余計なお世話だろう。

 

ウエイトマシンは使い方が分からないので触らずにおく。

トレッドミルならば「スタート」を押せば走り出せそうなので、これでいこう。

 

よく見ると、時速に加えて傾斜が選べるではないか。

リアルにまったく分からないので、時速15キロ傾斜20%(マックス)で60分走るコースを選択し、スタート。

 

・・・。

 

スタートして10秒、即ストップ。

 

トレッドミルを使ったことのある人ならばお分かりだろうが、時速15キロで傾斜20%はえげつないトレーニング。

ダッシュで山登りをする感覚だ。

 

(私はカロリーを消費したいだけなんだ)

 

ハァハァしながら傾斜を5%に下げる。

 

そんな見栄をはらなくても、傾斜抜きで走ればいいじゃないかと思われるだろうが、ここはやはり見栄をはるところだろう。

今は一人だが、もし外国人が入ってきたとき、ジャパニーズもやるじゃないか!と思われるためには、私の走りが重要となる。

 

いつ誰に見られても恥ずかしくない走りを披露するのだ。

 

そして私は走り出した。

マシンのモニターで適当なYouTubeを流しながら、気分はハリウッドセレブのように軽やかにベルトを蹴り続けた。

 

1分後、スピードを落とす。

同時に傾斜も0%に戻す。

 

時速15キロも傾斜5%も、初心者には不要だった。

YouTubeも止め、残り時間と距離が表示される画面に切り替える。

 

楽しく走るなど、恐ろしく無理なことだと初めて気がついた。

 

 

高身長でイケメン、バスケットボールの実業団チームで活躍していた雄太の父。

現役は引退せどアスリート魂は健在のようで、連日、早朝ランニングを続けているとのこと。

 

私も負けじと、夜中に走り続けた。

 

その日の食事をその日のうちに消費ーー

これが目的であり、雄太の父と張り合うことがメインではない。

とはいえ、身近な日本人が走っているとなれば闘争心に火がつくわけで。

 

そんなある日、私の隣りに外国人のオジサンが現れた。

ヘッドフォンを着けて爽快に走るオジサン。

チラっと見ると、なんと傾斜5%時速8キロで走っているではないか。

 

私は早速、傾斜5%時速9キロに上げた。

 

みるみるうちに足の回転速度が上がり、忙しく走る私。

こんな小太りのオジサンに負けてたまるかと、平然と前を向き走り続ける。

 

正面のガラス越し、オジサンがチラチラとこちらを見る。

そして手元のボタンを操作し、明らかにスピードを上げ始めた。

 

露骨には確認できないが、なんとなく小数点以下に数字があるため、時速9.5キロのような微妙な速度を選択したと思われる。

涼しい顔で走り続けるオジサン。

 

(ならば大台に乗せてやろう)

 

私は速度ボタンを連打し、とうとう大台となる時速10キロに設定。

 

これはもはや日米ランニング対決と言ってもいいだろう。

私とオジサンによる、国の威信をかけた意地のぶつかり合いだ。

 

私は日本を背負って走っている、ここで負けるわけにはいかないーー

 

苦しい素振りなど微塵も見せず、とびきりの笑顔で走り続ける私。

ところが、しばらくするとオジサンは走ることを止め、ウエイトトレーニングへと移動してしまった。

 

日米対決の勝敗の行方は、おあずけとなった。

 

 

そういえばエレベーター前に銀の器がある。

その上には山盛りのフルーツが並べられている。

リンゴやオレンジ、バナナがメインだが、古くなっては捨てられるだけだと思い、毎日せっせと持ち帰っていた。

 

ある日、私のフロアのフルーツが忽然と消えた。

 

毎日フルーツを食べる客がいないからなのか、はたまたフルーツが品切れなのかは分からないが、楽しみにしていたフルーツにありつけない。

 

こんなことではめげない私。

早速、別のフロアへ回りフルーツの確認をする。

幸いにも下のフロアはまだ山盛りだったので、誰かにとられる前にすべて確保した。

 

だが翌日、そのフロアからもフルーツは消えた。

 

 

渡邊雄太は今シーズン、トロント・ラプターズとツーウェイ契約を締結。

機会があればぜひとも現地参戦したいと思う。

そして今度こそ、おあずけとなった日米対決を制したい(日加対決になるが)。

 

それはさておき、真っ赤な翼でコートを支配する「18番」の活躍が楽しみでならない。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です