壊れるほどムカついても1/3も伝わらない

Pocket

 

沸点の低い私は、すぐにムカつく。

 

「あいつ、マジでムカつくんだけど」

と、しょっちゅう友人へ愚痴る。

 

すると友人は、

「あいつ寝不足なんだろ(だから頭回らなくてムカつくこと言うんだろ)

と交わす。

 

また別の日に、

「またあいつ、ムカつくんだけど」

と言うと、

「そうか、株で損したんだろ」

と交わされる。

 

他にも、

コロナの感染者数が過去最高だったからだろ」

「ソシャゲのガチャで課金しまくったのに、ハズレしか引けなかったんだろ」

などとまったく関係ないあげくに、絶対違うであろう理由で交わしてくる。

 

 

昨年11月、機嫌の良い友人は私にこう言った。

「いまは株高だからね」

株高と機嫌とにどんな関係があるのか尋ねると、

「株買ってるやつは、チャートがそのまんまバイオリズム」

と教えてくれた。

 

なるほどそうなのか、と納得した直後、

「ファイザーのワクチン砲がさく裂して大変なことになった!」

「含み益300減ったのは、ファイザー製薬とあいつのせいだ!」

と、私がしょっちゅうムカつく相手のせいにしだした。

 

 

心理療法士・リチャード・カールソンは、

「自分の機嫌は自分でとる」

と著書に記している。

 

おっしゃる通りで、これさえできれば心穏やかに幸せに暮らせる。

 

自分に余裕があるとすべてが許せる。

自分の機嫌がいいと、全然ムカつかない。

 

実際のところ、相手などどうでもいいのだ。

すべては自分の状況によるわけで。

 

友人はいつも、どうでもいい理由で私の怒りを交わし続ける。

この方法は非常に高度なテクニックであり、かつ、非常に効果的。

ムカつく私をなだめるわけでもなく、ムカつく相手を責めるわけでもなく、ただ単にまったく関係のない「もの」や「こと」のせいにして、怒りの矛先を変えてしまうのだ。

 

そして最後にこう言った。

 

「あいつにムカつくのはあいつが悪いんじゃない。オマエのコンディションが良くないだけ」

 

これこそが、友人が吐いた最高傑作だと私は思う。

そうだ、私のコンディションが悪いだけなのだ。

 

 

後輩のグチに付き合った。

 

グチと言っても彼氏の文句だが、ベテラン(私)からしてみればそのムカつく部分について、

「そこも彼のチャームポイントだ、くらいに思ってやれよ」

という程度のかわいらしいもので、なにも目くじら立てて怒るほどのことではない。

 

とはいえ現在進行形の当事者にとっては、ご飯ものどを通らないほどのダメージらしい。

 

「でもさ、それアタシだったらどうよ?全然スルーなんじゃない?」

 

「あー、たしかに。全然なんとも思いませんね(笑)」

 

とどのつまりは相手を想う気持ちのデカさ。

大好きであるがゆえに不毛な争いを招き、相手を不快にさせてしまうのだ。

 

これだって自分のコンディションに左右されるだろう。

好き過ぎなければ気にもならないわけで、不安にならなければどうでもいいことなわけで。

 

だが、コントロール不能な感情こそが恋愛の醍醐味。

自分を的確にコントロールできるような恋など、恋ではない。

 

ドはまりしてこそ価値がある。

 

 

しかし「ムカつく感情」というのは、実は相手に依存している証拠でもある。

 

どんなに腹の立つ相手でも、

「私はこいつにドはまりしてるんだ」

と思えば、それはそれでなんとなく許せてしまうのではないか。

 

そもそもムカつく相手にどハマりだなんて、想像するだけでバカバカしく、それだけでも笑えてくる。

 

これこそが究極の平和的解決だろう。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です