24-TWENTY FOUR- シーズンタコ

Pocket

 

朝起きると胃袋が重い。

これは昨夜、たこ焼きを食べ過ぎたことに起因する。

 

 

パソコンをいじりながら食事をするなど、マナーが悪いのは十分承知している。

だが、数字を打ち込む作業ならば片手でできるので、もう片方の手で食事をとることが可能。

もちろん、物理的な話だが。

 

私だってパソコンを汚したくはないし、デスクは仕事をする神聖な場所であり、飲食はコーヒーのみと決めている。

しかし時間は22時過ぎ、今さら食事にありつくには、ウーバーイーツかコンビニしかない。

 

そして、本日中に済ませたい仕事を中断させてまでコンビニへ行く、という決断を下せない私は、必然的にスマホをたぐり寄せウーバーイーツをタップする。

 

(片手で食べられるものは・・)

 

弁当はダメだ。

いくら片手で食べられるとは言え、見るからにお行儀が悪すぎる。

右手で数字とエンターキーを叩きながら、左手で箸をつかいご飯を口へと運ぶ。

パソコンの手前に弁当の容器を置き、その上に顔を近づけながらこぼさないように食べる。

 

こんな姿、想像しただけでも醜い。

まるで貧乏な浪人生ではないか。

 

バーガー類も却下。

パンくずが散乱する上に、両手の自由を奪われる。

片手で食べられるような形状をしているが、挟まっている肉や野菜、ソースなどがかぶりつくたびにボロボロこぼれるため、両手で抑えながら食べるはめになる。

 

となると、たこ焼きしかない。

 

たこ焼きならば、つまようじで刺して口へポイで終了。

 

タコはああ見えて高たんぱく低脂質、さらにタウリンが豊富に含まれる。

タウリンは胆汁酸の分泌を促成し肝臓の働きを促す作用がある上に、血中コレステロールを下げ、動脈硬化などを予防する働きも期待される優秀な食材。

 

そしてタコを包む生地は炭水化物であり、脳が唯一のエネルギー源とする栄養素(ブドウ糖)だ。

これにより私の仕事への集中力も増すだろう。

 

作業の手を止めることなく栄養補給を行い、かつ、満足感も得られるジャンクフードの代表選手「たこ焼き」に狙いを定め、ウーバーイーツをスクロール。

 

「一つの味では飽きるから、少なくとも3種類は楽しみたい」

 

このくらいの贅沢は許されるだろう。

そうでもしなければ、たこ焼きのみで満足する夕食など到底無理だ。

 

私は、

ノーマルたこ、ネギだこ、明太チーズたこの3種類を選んだ。

 

20分後、大量のたこ焼きが届く。

すぐさまパソコンの前に3種類のたこ焼きを並べる。

 

たこ焼きは、いわゆる小舟(カヌー)の形の容器に入っており、3個ずつ2列に収まっている。

さらに小舟の両先端にちょんちょんと、バランスよく乗っけられた2個を足した合計8個で、1つの舟が形成されている。

 

よって、私はトータル24個のたこ焼きを注文した

 

なにも一気に24個を食べようというわけではない。

適当につまんで、残りは明日にでも食べればいい。

冷めてもそこそこ美味しく食べられるのが、たこ焼きの良さでもある。

 

まずは期待の「明太チーズたこ」に手を伸ばす。

しかし、振り返ってみるとこいつが元凶だ。

こいつがもっと違う状態で届いていたら、結果は違っただろう。

 

その明太チーズ、冷えた生地に固まったチーズと明太ソースがかかっている。

強引に、隣りの玉とくっついているチーズを切り離し、口へ放り込む。

 

(・・・ん)

 

美味いかまずいかもわからないので、再度、放り込む。

 

(・・あまり美味くない気が)

 

たこ焼きは冷めてもそこそこだと思っていたが、それはあくまでノーマルたこ焼きの場合。

トッピングされたたこ焼きは、冷めるとまずい。

 

苛立ちを覚えた私は、容器がまだ温かい「ノーマルたこ」につまようじを突き刺し、勢いよく口へと放り投げた。

 

ひとくち噛むと、明太チーズとは打って変わって生地が熱い。

トロッと広がる熱々の生地をハフハフしながら、ゆっくりと味わう。

 

(これこれ、これぞたこ焼き)

 

安心した私は、さらにもう一つ放り込んでご満悦。

 

最後は「ネギたこ」。

ノーマルの上にマヨネーズと刻んだネギがのっているだけだが、つまようじではマヨネーズとネギがこぼれ落ちてしまう。

しかたなく割りばしを使ってつまむことに。

 

ちょっと待て!

先ほど私は、

「美しい所作を保つためにも、ながら食いで箸はダメだ」

と言った。

 

しかし、

弁当を箸で食べるのと、たこ焼きを箸でつまむのでは意味合いが異なる

 

どうか誤解しないでもらいたい。

つまようじの延長として使う箸と、箸でなければ食べられない料理とでは、大きな違いがあるということを。

 

箸でつまんだネギたこ。

これもやや冷たく、明太チーズほどではないがお世辞にも美味いとは言えない。

 

(こんなことあるだろうか)

 

たかがたこ焼きだが、ノーマルをアレンジしたトッピング2種類が、いずれも冷めていてまずいとは納得がいかない。

3種類、一通り食べたところで再確認したい。

本当に明太チーズはまずかったのかどうかを。

 

固まったチーズを箸でちぎり、口へと運ぶ。

 

(うん、美味くはない)

 

ただし残念なことに、私はチーズも明太子も好きなのだ。

それゆえ、冷めてまずくなっているたこ焼き本体を無視し、明太チーズを改めて食す。

 

(美味いとは思えない)

 

はっきり「まずい」とも言い切れない。

だが決して美味くはないわけで、そうなるとまずいとしか言えない。

それでも納得のいかない私は、再度ノーマルを試す。

 

(うん、美味い)

 

ほっとひと安心。

ノーマルをもう一つつまんで味覚のコンディションを整えた後、ネギへ移る。

 

ネギの生地はほぼ冷えており、気のせいか生温かい程度。

もはややけくそ、勢いよく口へと放り込む。

 

(んー、ネギが生な分だけ明太チーズよりマシ)

 

判断基準が「もっともまずい明太チーズ」であることから、ネギは辛うじて美味いとまずいの間、しかし限りなくまずい寄りにランクインされた感じだ。

こんなにも、まずいランキング(失礼な)を真剣に付けたのは初めてかもしれない。

そのくらい、冷めたトッピングたこ焼きは「残念」としか言いようがない。

 

 

この繰り返しにより、気がつくとたこ焼きはすべて消えていた。

 

夜中に24個の微妙なたこ焼きを食べ切った私は、朝起きてもなんとなく胃袋が重かった。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です