鬼滅の刃・無限列車編にみる「夢幻」で生きること、死ぬこと

Pocket

※BGMはCateenのピアノによる「炎/LiSA」でお楽しみください

 

死に方を選べるのならば、夢を見ながら死にたい。

 

叶わなかった夢に包まれて幸せに死ねたならーー

そう願う人は多いだろう。

 

だが私は、もう生きていたいとは思えないほど、最悪の夢を見ながら死にたい。

 

 

夢は幸せだったり悪夢だったり、見たいジャンルを選べるものでもない。

見ている夢に意味があるかどうかも不明。

 

しかし現実として「夢のなかで生きている」場合、そこから覚醒させてあげることが本当の幸せなのだろうか。

 

 

先日、著名人の洗脳について友人らが盛り上がっていた。

 

「あれは騙されてるよ、顔がヤバいもん」

 

行動や言動がおかしく、誰が見ても洗脳されている状態らしい。

洗脳ではなく薬物の影響で奇行に及ぶ場合もあるが、いずれにしても本人の脳内は「幸せ」な状況だと思われる。

 

 

鬼滅の刃・無限列車編を鑑賞した私は、眠らされた人々が夢のなかでは幸せだったことを思い出した。

正確には、鬼が作り上げた仮想現実を見るために、人を殺してまでも幸せな夢を求めていた。

 

「本人がそれでいいならほっとけば?」

 

水を差すようで悪いが、なんら関わりのない著名人の奇行などほっとけばいい。

 

むしろ洗脳されているのが友人であっても、本人が幸せならばそれでいい。

なぜ幸せな夢から叩き起こすようなマネをするのか。

 

「だって仕事で迷惑かかってるし」

 

「ヤバい状況だからほっとけないじゃん」

 

友人らは人情味あふれる優しい心の持ち主だ。

私には到底理解できない。

 

洗脳によるコントロールで仕事をドタキャンする。

そのせいで多くの人が迷惑を被り、本人は会社をクビになる。

 

そんなこと、洗脳や薬物の影響がなくてもよくある話だ。

 

非常識と呼ぶか無責任と呼ぶか、一般的にはそんな感じで受け止められている。

 

この日は避けたほうがいい。

この方向は行かないほうがいい。

この仕事は断ったほうがいい。

 

誰かにそう言われたから仕事をキャンセルするのは、まだ分からなくもない。

 

しかしドタキャンの大部分は洗脳などされておらず、自主的に都合よく行われている。

最近は「コロナ」という不可抗力の理由を使い回すことで、面接拒否、シフト拒否、遅刻早退なんでもありという「ウソだらけの雇用環境」が生まれつつある。

 

結果がすべてであり、洗脳でも薬物でも病気でもパーソナリティでも、そんなものは大した問題ではない。

 

そういう相手を選んだ自分にも責任がある、と言い聞かせるしかない。

 

 

かく言う私も、仕事で友人を失った。

友情からくる「分かってもらえること」と、職責からくる「分かってあげられないこと」の境界線があいまいになった結果だ。

 

友人は精神を病み、連絡すら取れなくなった。

多分、次に会うのは法廷だろう。

 

仕事をする、ということは何らかの契約を締結することを指す。

労働契約、雇用契約、業務委託契約、請負契約。

いずれも報酬と責任が発生する。

 

仕事でミスがあり責任を追及しなければならない場合、契約に則って形式的に進めればいい。

しかし「精神を病んでいる」となると、現実的には非常に難しい状況となる。

 

さらに、

友人としてどこまで擁護すべきか?

こうなる前に助けることはできなかったか?

 

どうしても割り切れない感情が渦巻く。

 

こうなると、もはや現実より夢を生きた方が幸せではないだろうか。

 

 

「期待しなければいいんじゃない?」

 

私は友人らに言った。

著名人が洗脳されてかわいそうだとか、もう一度活躍してほしいだとか、そういう期待をしなければいい。

 

理由はどうあれ、その人生を選んだのは紛れもなく本人なのだから。

 

おいしそうな匂いが漂ってくれば足は自然とそちらへ向く。

おのれの琴線に触れる本を読めばそれがバイブルとなる。

 

きっかけなど何でもいいし、何でもきっかけになり得る世の中だからこそ、夢の中で幸せに生きている人のことはそっとしておけばいい。

それが良いとか悪いとか、そういうレベルの話ではないのだから。

 

 

現実を生きる私は、死ぬときくらい夢を見ながら死にたい。

できれば壮絶で凄惨な、おどろおどろしい状況に追い込まれてみたい。

「生きたい」などと思えないほどの悪夢を見ながら、幸せに死にたい。

 

 

Illustrated by オリカ

 

Pocket

2件のコメント

自分も観ましたw
映画館で気付いたことは号泣は親や大人ばかりw
自分も涙腺崩壊でしたw
「煉獄さーん💦」
師匠イラストうますぎですw

ホーリー、あのイラストは同じ名前だけど、美大卒のリカちゃんが描いたんだよ。
しかもパパッとカフェのランチョンマット(紙)にね。
すごいよね、このクオリティ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です