コロナ砲投下

Pocket

 

日曜日の港区・赤坂は閑散としている。

私の通うジムとコンビニ以外、どこも閉まっている。

都心の一等地は休日、ゴーストタウンと化す。

 

ゴーストタウンはさすがに言いすぎだが、赤坂付近の土日は大げさではなく人気(ひとけ)が少ない。

コロナ以前からずっとそうだ。

辛うじて韓国・中国系の飲食店が店を開けている程度で。

 

そして柔術の練習が終わったあと、どこで腹ごしらえをするかが日曜日の課題となる。

普段はなんとなく赤坂方面へ出向くのだが、本日は赤坂見附方面へと歩き出した。

 

近所とはいえ、赤坂見附を訪れることはほとんどない。

なぜなら私の通勤ならぬ「通ジム」経路は、地下鉄・南北線ゆえ赤坂見附は通らないからだ。

 

同じ赤坂、どうせ大した変わりはないだろうと高を括っていた矢先、

赤坂見附の飲食店は、かなり営業しているではないか。

韓国・中国系だけでなく、和食もラーメンもタピオカも銀だこも、どこもかしこも見事に営業中。

赤坂(ジム近辺)の寂しさは何処へ。

 

キョロキョロしながら店を物色する私の目に、ここ以外に行く場所はないだろうという看板が飛び込んできた。

 

「ひとりしゃぶしゃぶ 七代目 松五郎

 

何を隠そうこの私、豚しゃぶが大好物なのだ。

肉料理でもっとも好きなものは?と尋ねられたならば、即答で「豚しゃぶ」。

 

豚肉の持つ不思議な魅力といえば、値段の高低にかかわらず安定した味を提供するところ。

牛も鶏も、わりと値段に左右される。

下ごしらえや味付けでかなり変わる部分はあれど、豚肉ほど落差の少ない肉はないだろう。

 

とくに豚バラをこよなく愛する私は、しゃぶしゃぶ店へ行くと豚バラのみを延々と頼み続ける。

むしろ野菜もマロニーちゃんもいらない、豚バラを堆(うずたか)く積んでくれればそれだけで十分だ。

 

話を看板に戻す。

そもそも一人でしゃぶしゃぶ店へ入ることを想像すると、意外とハードルが高い。

牛丼屋やラーメン屋へ入るのとは、なにかが違う。

 

ーー鍋のせいだ

 

ふと気が付いた。

そうだ、出汁の入った鍋でしゃぶしゃぶするわけで、あのデカイ鍋を独り占めは、やや気がひけるのだ。

 

その点、この店は「ひとりしゃぶしゃぶ」を謳っており、店外から目視するにカウンターにずらりと並ぶ銀色に輝くミニ鍋が確認できる。

ーーきっとコロナ対策だ

 

この店自体が新しく、オープン間もないはず。

食事における密を避けるため、あえてこのような形態のしゃぶしゃぶ店をオープンさせたのだろう。

なんという涙ぐましい経営努力。

 

このように甚(いた)く感動する私が、なぜさっさと店内へ入らないのか。

じつは昨夜、「しゃぶしゃぶ温野菜」で豚バラ10皿を平らげているのだ。

まだ体内には昨夜の豚バラが残存する。

いくら大好物とはいえ、このまま突入していいものか。

 

この馬鹿げた自問自答は5秒と持たず、気づくと目の前の自動ドアが開いた。

 

 

ご多分に漏れず、本日も豚バラのみを注文する。

この店の特筆すべきはご飯おかわりし放題というところ。

どれだけでもおかわりできるこの米、なんと業務米ではなくコシヒカリだという。

そしてシメにはラーメンまで付いてくる。

 

(いくらコロナ対策でできた店とはいえ、大丈夫なのだろうか)

 

勝手に心配になった私は、本日のバイトリーダーと思しき好青年に話しかける。

「この店、コロナ対策をヒントにできたんでしょ?」

「ちがいますよ」

(・・・え?)

「コロナ前から計画していたんで、時代を先どりした感じですよね」

(なんと・・・)

「そ、そうなの?でも七代目って」

「もとは渋谷にあるすき焼き店で、そういう名前なんですウチ」

 

渋谷にある「厨 七代目 松五郎」は、2012年にオープンしたすき焼き&ワインダイニングバー。

オーナーの発案により、

「A5ランクの黒毛和牛の熟成肉を、一人で気楽にしゃぶしゃぶできる店」

というコンセプトで昨年6月、この店がオープンした模様。

 

間違いなくコロナ対策で誕生したニュータイプのひとりメシ店だ、と確信し心打たれた私の感動は一気に冷めた。

だが、コシヒカリをおかわりし放題という部分の感動だけは、未だに残っている。

 

 

最後に、コロナ関連で未確認情報を一つ。

 

サラリーマンの父親に妊娠中の母親、幼稚園に通う女児2人という、幸せに満ちた家庭がある日、新型コロナウイルスに襲われた。

幸いにも2人の子供は軽症ですぐに退院。

しかし母親は思うような治療ができず、お腹の子とともに死亡。

感染経路は父親が通っていた、いわゆるガールズバーが濃厚とのこと(未確認)。

そして現在、ECMO(エクモ)につながれる彼はこの事実を知らない。

 

母親死亡の直接的な原因はコロナではないかもしれないし、感染経路も父親のガールズバーではないかもしれない。

だが結果的にこうなってしまうと、残された家族、とくに父親にとっては地獄でしかないだろう。

仮に父親も死亡した場合、2人の幼子らの将来を思うと筆舌に尽くしがたい。

 

 

この話が嘘だのホントだの、新型コロナウイルスが怖いだの怖くないだの、そういうことではない。

 

今まさに我々の目の前にある、この「現実世界」を生きるためには、やはり「やってはいけないこと」があるということを、肝に銘じておくべきだろう。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です