Come Stai ? (元気?) ~ミシュランを捨てた男のアランチーニ物語~

Pocket

 

それは一見、ちっちゃなおむすびだと思った。

口に入れなければ、カラフルなちっちゃいおむすびとしか思わなかった。

 

 

東京のオシャレエリア、麻布十番。

そこはかつて、6年連続でミシュラン(ビブグルマン)を獲得した、有名イタリアン店があった場所。

 

オーナーの篠原とはいつからか仲良くなり、彼を格闘技の世界へ引きずり込んだ縁でつながっている。その甲斐あって、絞り込まれた彼はナイスミドルへと成長した。

私の提案は、ライザップ以上の効果をもたらしたワケだ。

 

そのミシュラン常連店を襲った悲劇は、まぎれもなく「コロナ」だった。

 

土地柄、社会的地位の高い顧客が多い。さらに、小さな店内で三密を回避するのは至難の業。顧客の年齢層が高いこともあり、基礎疾患を持っている可能性も高い。そうなると、来店してもらいたくても誘うことができない。

 

顧客側も気持ちは同じで、コロナの現実に翻弄されつつもミシュランの味を求めた。しかし結果的に、自らの立場や年齢が来店を拒むこととなる。

 

そんな危機的状況を打破すべく、篠原はためらわなかった。

 

この店とイタリアンを愛してくれる顧客たち。彼らのために、何か届けられる料理はないかーー

 

彼の頭をよぎったのは、ちっちゃな米のかたまりだった。

 

10代の頃、本場イタリアのサッカーを見るためにミラノで独り暮らしをした篠原。ミラノといえばイタリア食文化の中心地。とはいえ、お金に余裕のない若造はレストランに行くことができなかった。

そのため、毎日近所のガストロノミアへ寄り、安価なパンや総菜を買って暮らす日々。そんな彼の胃袋を助けた料理こそが、 ”アランチーニ”だった 。

 

もともとアランチーニは、シチリア島のソウルフード。小さく丸めたリゾットにパン粉をまぶして揚げたもので、「リゾットコロッケ」と表現するのがしっくりくる。

 

”アランチーニ” の意味は ”小さなオレンジ” 。そのまん丸いフォルムから名付けられたのだろう。

 

しかしアランチーニには「山型」も存在する。

シチリア島のエトナ火山を模して作られた、山型のアランチーニ。篠原はこのかわいらしくもユニークな「山型」のアランチーニを採用した。

 

スローフードの発祥と言われるイタリアは、食材を無駄なく使いきることに長けている。篠原は、

「生ごみの量、パスタ店の頃にくらべて7割も減りましたよ」

と驚きの表情を見せる。

 

店内で飲食をする場合、顧客が残す分もカウントされるため一概に比較はできないが、アランチーニを作るにあたり「食材を余すところなく使いきる」というイタリアンマインドを重視した。

 

リゾットの味付けとしてエビの殻を焼いて出汁をとったり、野菜の皮も出汁として使ったり、それでも余った野菜はすべて賄い料理で使い果たし、シェフやスタッフの「元気の源」となっている。

 

このように、フードロスの観点からも最強のアイデアを生み出すことに成功した。

 

現在、4種類の味が用意されているアランチーニ。じつはこれらは、”Tiepido” の精神で作られている

Tiepidoという言葉、日本語に直訳すると

・冷たくない

・熱くない

・生ぬるい

・生温かい

このような感じでニュアンスまで訳すことが難しい。つまり日本語にはなじみの薄い、イタリア独特の言葉なのだ。

 

とくにイタリアンの場合、熱すぎる・冷たすぎる料理は好まれない。そんなイタリア料理の根幹こそ「tiepido」に尽きる。

 

リゾットもコロッケも、日本においてはアツアツを食べるのが常識だ。しかしテイクアウトの場合、アツアツを持ち帰ることは難しい。

温め直すことは可能だが、できれば完璧な料理をいつでもどこでも味わってもらいたいーー。

 

そこで思いついたのが、

「Tiepido、つまり熱くも冷たくもない状態でおいしい、となればテイクアウトがフィットする」

という、逆転の発想。

 

篠原は、冷めても美味しく感じる理由を考えた。考え抜いたあげく、リゾットとパン粉に着目した。

 

時間が経過してからのリゾットの食感を保つには、米だけでなくもち米やもち麦を混ぜることで、ソフトな食感とハードな食感を両方味わうことができる

 

また、表面を覆うパン粉が粗いと、揚げたときに油を吸収しベタつきやすい。そこで、粉が細かく上質なパン粉を使うことで余計な油分を落とし、冷めてからもほどよい噛みごたえを残した。

 

その結果誕生したアランチーニは、冷めているほうが美味しくなってしまった

 

冷めてるほうが美味しくなってしまった、のではない。冷めていても美味しく食べられるように生まれ変わったのだ。

 

篠原は、

「味わいや深みって、アツアツだとボヤけるんです。むしろ冷めてるほうが、リゾットのなかの一つ一つの食材が際立つんですよ」

と言う。

 

実際、半日たって食べた常温のアランチーニは、リゾットの風味が際立ち、私の味覚と嗅覚を本質的に刺激した。

 

素材の味を感じる、とはこのことかーー

 

そんな料理評論家のようなコメントが脳裏に浮かんだ。

 

 

コロナが与えた影響は、なにも悪いことだけではない。ミシュラン常連の座を手放してでも立ち上がった、新たなイタリアンフード店のスタート。

それは、これからの時代の新しいやり方であり、顧客が求める真の料理と言えるはず。

 

名店「ラ・パスタイオーネ」から、生まれたてホヤホヤのCome Stai?(コメスタイ?)」へつないだバトン。篠原は胸を張ってこう言う。

 

「僕の大好きなイタリアンで、『食の未来』を作れると信じています」

 

 

アランチーニ、意味は「ちっちゃなオレンジ」だけど、山型のアランチーニが洋服を着る前の姿。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です