パンケーキの潜在的な魅力とホイップクリームの威厳

Pocket

 

食の好みは人それぞれ違うだろう。

しかし、私の好きな食べ物(食べ方)は、誰からも受け入れられない。

受け入れられないどころか、非難しかされない。

 

私しか知らない食べ方、美味しさがあると思えばそれでいいのだが。

 

 

「パンケーキ」は女子なら誰もが愛する鉄板スイーツだ。

当然ながら私も好きだ。

このパンケーキにまつわる一風変わった食べ方が、物議を醸すことになった。

 

カフェでパンケーキを注文すると、大きく分けて2つの素材が現れる。

一つは、パンケーキ。

もう一つは、ホイップクリーム。

 

小学校のころからすでに、パンケーキ(ホットケーキ)とホイップクリームが大好きな私は、自宅でホットケーキミックスが開封されると、台所を離れなかった。

 

 

「ホットプレートのスイッチ入れて」

 

母親に言われ、素直にスイッチをオンにする。

すぐさま母親が混ぜているホットケーキミックスのボールを確認しに戻る。

そして母親が目を離した隙にボールに入ったホットケーキミックスを舐める、というのが習慣であり楽しみであった。

 

しかもスプーンで一気に流し込むのではなく、箸でちょっとずつバレない程度に舐める、というスリルも楽しかった。

 

最初は母親も気づいておらず、ホットケーキに沿えるフルーツを切ったり、ホイップクリームを泡立てたりしていた。

警戒心など微塵も持たずに。

 

しかしそのうち、ホットケーキミックスの量が半分ほど減ったことに気づかれた。

 

「あれ?なんか少なくない?」

 

ホットケーキミックスは明らかに減っている。

それに対して、小学生の私はなんとも返事ができなかった。

 

しかし、この美味さは病みつきになる。

断言する、ホットケーキは焼くより生のほうが美味い

 

首をかしげながら別の用事を済ませる母親を尻目に、さっさと箸で舐め続けた。

あまりに集中して舐めたせいで、とうとうホットケーキミックスが終わってしまった。

 

仕上げにボールの内側を指でなぞり、隅々まできれいに舐め尽くしてやった。

アルミでできた銀色のボールはピカピカに輝いていた。

 

「ちょっと!!ホットケーキ焼く分がないじゃない!!」

 

母親は烈火のごとく怒った。

私はすばやく逃げた。

 

 

この一件以来、母親はホットケーキを作る際、事前に私に知らせないようになった。

しかし鼻の効く私は、ホットケーキミックスの匂いがするとすかさず台所で待機した。

 

母親も目を光らせているが、食べ物への執着は恐ろしいもの。

彼女が冷蔵庫へ物を取りに行った一瞬の隙を突いて、箸をホットケーキミックスへ突っ込み、ホットケーキの真の美味さを堪能した。

 

だからいつも、ホットケーキを焼くときは予定の半分も作れないで終わる。

小さい丸が2つできれば御の字だ。

残りはぜんぶ、レアな状態で私の胃袋に納まっている。

 

 

この話をして共感を得ることはない。

それはそれで問題ない。

私なりの食の楽しみ方だから。

 

 

もう一つ、ホイップクリームという大好物がある。

私はホイップクリームをダイレクトに食べる。

おすすめは、肉のハナマサで売っている業務用ホイップクリーム2リットル

あれを口の中に絞り込んで食べる瞬間こそ至福の時だ。

 

この食べ方について、理解を得ることが難しい。

ホイップクリームはそうやって食べるものではないと、回りから厳しく責められる。

 

では、ホイップクリームはおまけなのか?

 

たしかにパンケーキのサイドにちょこんと飾られていることが多いのは事実だ。

しかし最近では、パンケーキの倍くらいうず高く積み上げられているホイップクリームもある。

あれなどもはやパンケーキを注文しているのではなく、ホイップクリームにパンケーキを添えている感覚だろう。

 

私は断じて、ホイップクリームをわき役だとは思わない。

 

むしろ、私なりのパンケーキの良さは熱を加える前にある。

言い方は悪いが、焼きあがったパンケーキはみずみずしさを失ったスポンジのようなもの。

「ホイップクリーム増し増し」で注文する私からしたら、ホイップクリームが横綱で、焼かれたパンケーキは前頭レベルだ

 

冒頭でも触れたが、食の好みは人それぞれゆえ、他人から批判される筋合いはない。

己の好きなようにパンケーキとホイップクリームを堪能すればいい。

 

 

前職で変わった記者の先輩がいた。

彼はカップラーメンを30分くらい放置してから食べる癖がある。

お湯を注いで30分、のびのびにのびたカップラーメンを美味そうに、いや不味そうに食べるのだ。

 

温かい状態で食べるべきもの、たとえばカレーライスやスパゲッティなども、テイクアウトして1時間ほど寝かせてから食べる。

 

本人曰く、

「熟成させているんだよ」

と偉そうに言うが、それは熟成させるべき食べ物ではないだろう。

 

 

それでも、食のこだわりについて他人が首を突っ込むものではない。

彼なりの熟成とやらを楽しむことも、食の楽しみ方の一つ。

 

これは絶対に不味いだろう、と冷ややかな目を向けながら、共同通信からの受電メッセージを聞いていた頃が懐かしい。

 

 

結局、味の良し悪しではなく、自分の食べたいように食べることで、味覚を超える食の楽しみ方に出会える。

 

そう思うしかないのかな、と思う。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です