地球上にあふれる空気がしばらく欠乏した悪夢

Pocket

 

――3年ぶりに過呼吸に襲われた。

おまけに酸欠まで併発しての、だ。

 

私は過呼吸マイスターなので、過呼吸をコントロールできるため、焦る必要はない。

 

息を吐くことに重点をおく。

吸うことより、細く長く吐くことを1~2分続けていると、二酸化炭素が体内に戻り、苦しさは消滅する。

 

しかし今回は、様子が違った。

まず、吐くこと重視で呼吸を整えても、苦しさが消えないどころか、指先が震えだした。

唇も紫色に変色してきた。

 

――これは、酸欠だ

 

なんと私の体は、酸素と二酸化炭素の両方とも不足しているというのか。

 

さらに、こうなった原因つまり心理的要因が何か、わかっている。

面白いことに、不安要素をチラッとでも考えると、一気に心拍数が上がり、過呼吸が加速する。

 

しかし、肉のことやお花畑のことをイメージすると、一瞬、食い止められる。

が、またすぐに黒い波に飲み込まれるのだ。

 

この反応がちょっと面白いので何回か繰り返してみた。

 

――いやいや、こんなことしてる場合じゃない、ヤバいぞ

 

さすがに焦った。

なぜなら、無意識の過呼吸ならば呼吸を整えることで制圧できる。

しかし今回は、具体的な不安要素がわかっているため、その事実が消えない(または減少しない)限り、これは続くからだ。

 

とりあえず、室内の息苦しさを紛らわすために外へ出た。

都会の空だ。

夜中なのに明るい。

 

そしてすぐさま蚊に刺された、しかも3か所も。

私の血は幼少期からずっと、蚊の間での評判が抜群にイイ。

 

 

20階から見下ろす地面は遠い。

落ちたらまず死ぬだろうな、という感想を抱く時点で私が死ぬことはなさそうだ。

 

 

しばらくウロウロしたが、苦しさが変わらない。

 

そこで私は助けを求めた。

 

助け、というか、だれか人間と話したかった。

深夜3時に起きている人間は少ないので、海外も視野に入れ、何人かに呼びかけてみた。

 

レスがあった。

 

その一人の救世主をつかまえて、勝手に心境を吐露した。

 

毎日が苦しかったし怖かった――

解放してほしいけど奪わないでほしい――

 

不安解決の具体策はないが、堪えていた本音を吐くことで、過呼吸と酸欠が止まった。

 

 

 

 

目が覚めた。

 

ずいぶんリアルな夢だった。

呼吸は普通で、指も震えていない。

蚊にも刺されていない。

 

ーーヨカッタ

 

リアルな夢を見ると、現実に戻ったとき一瞬、戸惑う。

でもこうして、自分の身に何も起きていないことが確認できると、普通に生きててよかったと思う。

 

とはいえ、実際に過呼吸+酸欠が起きたら、私はどうすればいいのだろう?

これはリアルに恐怖だ。

 

ま、起きたら起きたで考えよう。

物理的には、酸素と二酸化炭素が不足しているだけで、およそ2分で体内の両物質は一巡する。よって、2分間、機械的に呼吸を続ければ、両方とも解決できるのだ。

 

至極単純なことだが、人間だれしもパニックに陥ると冷静さを欠く。

 

そういう時こそ、メンタル。

 

最高の笑顔で平気なフリを装うことで、過呼吸も酸欠も制圧できる。

 

ーー私は米国初の女性大統領、取り乱したら恥ずかしい

 

そう思い込むことで、不思議と発作は収まる。

そして、冷静なフリをしていると呼吸も自然と落ち着き、心拍数も下がる。

 

とびきりの笑顔を磨きつつ、呼吸とメンタルを整える最高の方法が「演じること」だ。

いざと言う時、絶大な効果を発揮するからお試しあれ。

 

 

しかし個人的な考えとしては、そういう苦しい状況を楽しむ、という手もあると思っている。

 

なぜなら、過呼吸ごときでは死なない。

ぜったいに、死なない。

それが分かっていたら、その苦しい状況を楽しむことができる。

 

私は、骨折や靭帯断裂したとき、激痛の反面、生きている確認ができたことに喜びを感じる。

 

過呼吸や酸欠も、恐れることはない。

 

地球上には今のところ、あふれんばかりの空気が存在する。

ゆっくりと、数分から数十分、その死ぬほど苦しい状況を楽しむのはどうだろうか。

死ぬかもしれない、という恐怖と戦いながら過ごすことなど、日常生活ではめったにできない経験なわけで。

 

 

――私なら楽しむ

苦しみ、恐怖に怯え、助けを乞う哀れな自分を、楽しむ。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です