どエロイ官能小説

Pocket

 

ようこそ、官能の世界へ――

 

***

 

「じゃあ脱いでもらおうか」

 

和子はワンピースから腕を抜き、その場にストンと脱ぎ捨てた。

 

――もうどうでもいい

 

想いを寄せていた男から三下り半を突きつけられたのは、昨夜のこと。

もはやすべてがどうでもよかった。

恋というより大きな愛を一途に捧げた和子にとって、やり場のないその想いは苦しみ以外のなにものでもなかった。

 

その直後、過去に一度だけ面識のある氷室にLINEをし、今日会う約束を取り付けた。

面識があるというより、氷室と和子は裸を見せる仲だった。

 

過去に一度ベッドを共にしただけだが、氷室が好むカラダは熟知しているつもり。

和子は入念に準備をした。

 

女とは哀れな生き物だ。

傷ついた心を癒す手段として、それを超える満足あるいは快楽を求める。

 

時には痛みすらその糧となる。

 

和子はリビングにある大きな姿見で、一糸まとわぬ自分の姿を見つめた。

窓は開け放ち、夏の日差しとわずかな風が汗ばんだ肌にまとわりつく。

 

形の良い豊満な乳房をわしづかみし、鏡ごしにその谷間を見つめながら呟いた。

 

――泣いてるヒマなんてない、進まなきゃ

 

言い寄る男など数え切れぬほどいた。

それなのに和子が愛した男はただ一人、今はもう名前すら思い出したくないその男だけだった。

他人の気持ちを手に入れることなど、ギャンブルよりも不確実。

そのうえ難攻不落の相手を選んでしまった、自分の見る目のなさが悔やまれる。

 

それでも愛してた――

 

涙をぬぐいながら、お気に入りのショーツを引っ張り出す。

ビクトリアシークレットの真っ赤なティーバック。

これが今日の勝負下着だ。

 

首筋にドルチェ&ガッバーナの香水をワンプッシュ。

 

どうせすぐ脱ぐんだからとノーブラのままワンピースを羽織り、ショルダーバッグ片手に氷室の元へと向かった。

 

 

間接照明が怪しいムードを醸し出すマンションの5階で、氷室は待っていた。

 

「久しぶりだね」

 

穏やかな笑顔で出迎えた氷室は、和子のバッグを受け取った。

そして和子は逆らうことなく、真っ暗なベッドルームへと誘(いざな)われた。

 

「じゃあ脱いでもらおうか」

 

その言葉を聞き終わらぬうちに、和子はワンピースを脱ぎ捨てた。

 

「全部脱いで」

 

真っ赤なティーバックを片手で脱ぎ捨てると、氷室はベッドを指さした。

 

この前もそうだった。

氷室はいきなり手を出さない。

 

和子を全裸にさせると、自らベッドに横たわらせる。

そして全身を舐めまわすようにライトで照らしながら、まずは視姦(しかん)を楽しむ。

 

一通り楽しんだ後、氷室は冷蔵庫から冷えたローションを取り出した。

 

「和子のためにキンキンに冷やしといたから」

 

暗闇でほほ笑む氷室の表情は不気味そのもの。

 

和子の肌に冷たいローションが垂れる。

ビクッと体をよじる和子を横目に、氷室は小さなハケを手に取った。

 

「じゃあ、いくよ」

 

そういうと、ハケを使って和子の敏感な部分を撫でまわしはじめた。

首筋、乳首、わき腹、そして――。

ハケの絶妙なタッチと冷たいローションのコントラストが、和子の理性を失わせる。

 

「そろそろいいかな?」

 

そう聞かれた和子は、潤む瞳で氷室を見つめた。

 

「お願い、しま、す」

 

ハケを置いた氷室は、卑猥な形状のマシンに持ちかえた。

 

「前回よりちょっと強くしてみようか?」

 

好奇心溢れる顔でのぞき込む氷室。

和子は黙ってうなずいた。

マシンのメモリをカチカチと回し、強いレベルの刺激にセット。

 

「・・いくよ?」

 

ローションを滑らせるように、マシンの先が和子の敏感な部分に触れる。

 

あっ・・・

 

・・あぁっ

 

い、いたい・・・

 

失恋直後の和子にとって、この程度の痛みなど大したことはない。

むしろ、痛みでツラさを忘れたいのだから。

 

「もっと足広げてみようか」

 

言われるがままに両足を開いた。

氷室の眼前に、ローションが滴る和子の秘部が現れた。

 

「痛かったら言ってね」

 

優しい言葉とは裏腹に、躊躇なくマシンを当てる氷室。

 

和子は唇をギュッと結び、覚悟を決めた。

 

***

 

――そう、これこそが全身脱毛のリアルな実況中継だ。

(やや盛ってるが)

 

赤の他人に全裸をさらけだすことなど、VIO脱毛以外にないだろう。

 

全裸にハケで冷却ジェルを塗りたくって光を当てる。

皮膚が薄い部分などは、たまに照射によるピリッとした痛みを感じることもある。

そして恥ずかしい部分こそ脱毛箇所となるため、羞恥心などどこ吹く風で秘部をさらけ出す。

 

その結果、客は全身ヌルヌルで大開脚しながらマシンによる照射を受ける。

 

 

視座を高く持つことは、キャリアを構築する上で重要な観点だ。

 

エロい話だと思って読めば、何でもエロくなる。

 

それが視座というかは置いといて、目線と表現次第で真逆の発想すら引っ張り出せる、ということにふと気付いた。

 

――オチありの官能小説なら、書けそうだ。

 

Pocket

2件のコメント

超真面目に読んじゃったじゃないですか(笑)
和子って古風な名前にビクトリアシークレットといギャップも何とも言えませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です