糸色イ本糸色命

Pocket

 

人里離れた山奥の寺にわたしは居る。雪がシンシンと降る静かで寂しい冬の夜だ。

 

この寺の廊下は、歩くとギシギシ音がする古い木造家屋。しかも真冬でも裸足で歩かなければならず、床板がめくれ上がっているところを避けながらつま先立ちで進む。

 

ーーところでわたしは何で寺にいるんだろう?

 

よく分からないが、自由に出入りできない身であることは確かだ。

さらに、この寺の和尚と敵対する寺の和尚が今夜、ここで決闘をするというから穏やかじゃない。

 

しかしこの和尚はズルい。わたしに敵襲来の事実を隠し、自分だけが逃げるつもりでいる。

そしてわたしがその事実を知ったら殺すつもりらしい。さっき、台所にある黒い壺に毒をたっぷり注いでいるのを目撃した。

 

もうわたしに味方などいない、身一つで生き延びるしかないのだ。

 

とはいえ真冬の山で、貧乏くさい作務衣(さむえ)一枚しか与えられていない。しかも靴は草鞋(わらじ)で、最悪なことに鼻緒が短すぎてわたしの足指が入らないときた。

 

ガラガラ

 

マズイ。敵の和尚がやってきた。

正面玄関を開ける音に続き、2人のどうでもいいわざとらしい会話が聞こえる。と思ったその瞬間、

「ウッ!」

こちらの和尚がやられた。どうやら敵の和尚に妖術を使われた模様。

 

ーーまずい、次はわたしだ。

 

とにかく逃げなければならない。だが廊下を通ると軋(きし)む音でバレる。

しかも敵の和尚は妖術を使う。ちょっとした気配のブレで、わたしの存在がバレて殺されるだろう。

 

だが迷ってる暇はない。

わたしはそっと、縁側につながる障子に手を掛ける。音を立てないように、少しずつ少しずつ開けていく。

 

ひと一人分の隙間ができたところで、思い切って頭から庭先へダイブした。そう、飛び込み前転だ。

 

ザクッ

 

降り積もる雪がクッションとなり、飛び込み前転からの前回り受け身で、無傷のまま脱出に成功。

そして一目散に寺の外へと走った。もちろん裸足で。

 

ーーどうせ雪で感覚など麻痺している。今は逃げられるところまで逃げよう。

 

わたしは振り返ることなく、とにかく走った。真っ暗な山道を時に転がり落ちながら、寒さも忘れて逃げ続けた。

とその時、

 

パキーーン

 

全身が固まった。足が地面から浮いている。

ーーな、なんだこれは?!

 

地上から2メートルほどの高さまで浮いたところで、一人の男が視界に入った。敵の和尚だ。

 

わたしはとうとう捕まったのだ。そして妖術で体を固められ、空中に浮かされているのだ。

 

「残念だったな」

 

和尚は低い声でそう呟くと、わたしの体を粉々に破壊した。

 

 

ここで目が覚めた。

 

タンクトップにパンツ一枚のわたしは、エアコンの風をモロに受け冷たくなっていた。

全身、鳥肌だ。

 

掛布団は蹴り散らかしたのか、床に落ちている。

 

ーーとりあえず死んでないんだな。

 

生死を確認したわたしはエアコンを止めると、再び眠りについた。

 

 

ーー体が動かない。

酷暑の熱帯雨林で、わたしは磔(はりつけ)の刑に処されている。

 

ガジュマルだかバオバブだか、太い樹木に縛りつけられているが、周囲に人影は見当たらない。逃げるなら今だ。

 

しかし手足と首をガッチリとツタで巻きつけられており、どれだけ揺さぶっても外れる気配がない。

とくに頭をしっかり固定されており、常に上を向かされているのが苦しい。見上げる先には真っ青な空と灼熱の太陽。

かれこれ何時間、こうしているのだろう。

 

ーー喉が渇いた。

 

体の水分がかなり枯渇しているのを感じる。そりゃそうだ、これだけ太陽が照りつける中、日よけもないまま張りつけられているんだから、脱水症状を起こさないほうがおかしい。

 

ーーあぁ、スコールでも来ないかな。

 

そんな淡い期待などどこ吹く風。ギラギラと漲る強力な陽射しがわたしを衰弱させる。もはや顔面が焼け焦げ崩れ落ちてきた。

 

手足を縛られ炙られる「豚の丸焼き」というものは、豚が死んでいるとはいえ残酷な状況であることに、この期に及んで気付く。

今のわたしがそれに近い状態だからだ。

 

ーーせめて下を向ければ。

 

上を向き続けることが苦しさを助長している。だが頭の固定が強すぎて、とてもじゃないが動かせない。

そのうち呼吸も苦しくなってきた。同時に意識が薄れていく。

 

どうせ殺すなら一思いに殺してくれ。徐々に息絶える拷問のような死に方はしたくない。

 

灼熱地獄に放置され、死を目前にしているにもかかわらず、恐怖も絶望も悲哀も感じない。もはや涙すら出てこない。

わたしを形成するすべての水分が蒸発してしまったようだ。

 

あぁ、目の前がみるみるぼやけていく。

 

もうダメだーー。

 

 

と、ここで目が覚めた。

 

今度はソファで昼寝をしていた。ソファの端から頭が落ちていたため、首が反りかえり喉がつぶされ、上を向き口を開けた状態でうなされていたようだ。

 

しかもエアコンを止めたので、ベランダから差し込む陽光で汗びっしょり。

 

ーーとりあえず水でも飲むか。

 

枯渇した体と脳を潤すため、冷蔵庫へ水を取りに行く。

 

しかし一日で2回も死ぬとは。

しかも片や極寒、片や酷暑。

 

この振れ幅のデカさよ。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です