フサフサまつ毛

Pocket

 

わたしはこれまで、自分自身で「試す」ことにより、様々な事実を確かめてきた。

 

噛む力が強すぎて歯を骨折するのなら、咬筋にボトックスを打ち筋弛緩させた。

年会費が安くてマイルが1.5倍でたまると聞けば、ユナイテッドのゴールドカードを取得した。

VIO脱毛していたほうがモテると言われれば、光脱毛でツルツルにした。

 

しかし、数々の「実験」の中でも明らかな変化をみせたのは、まつ毛の増毛剤だ。

 

頭髪の少なさに悩む男性諸兄には申し訳ない気持ちで一杯だが、今、わたしのまつ毛は明らかに増えている。フッサフサになりつつあるのだ。

 

まつ毛増毛剤の名前は「グラッシュビスタ」。

医薬品で、睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)の患者に処方される薬らしい。

睫毛貧毛症とは読んで字のごとく、まつ毛が不足していたり、不十分であったりする病気のこと。

 

わたしはその病気ではないが、通院している眼科にグラッシュビスタのポスターが貼ってあったので、興味本位でドクターに尋ねた。

「まつ毛バサバサになるよ」

この真面目な女医がウソをつくはずがないーー。

物は試しに処方してもらうことにした。

 

グラッシュビスタの有効成分は「ビマトプロスト」というもので、緑内障の治療薬として有名。眼圧を上げる眼房水の排泄を促進し、眼圧を下げることで緑内障の悪化を防ぐのだ。

 

緑内障治療薬としてのビマトプロストの副作用として、

「睫毛の異常(まつ毛が長く、太く、濃くなる)」

「眼瞼(がんけん)の多毛化」

「眼瞼色素沈着」

などが挙げられる。

 

そしてこの「副作用」を逆手に取ったのが、アラガン・ジャパンが製造販売する「グラッシュビスタ」だ。

 

当然、個人差があるのは言うまでもない。

だが、グラッシュビスタを塗りはじめてから5日目。鏡に映る自分の「目」が、なんとなくハッキリ縁取られている気がした。

一瞬ギョッとするも、改めて鏡を覗き込む。

 

そもそも、ビフォーのまつ毛の撮影をしていないため、本当に増えたかどうかは疑問。

しかし「あれ?」と思うこと自体、明らかな変化というやつだろう。

 

左目を閉じて、右目で左のまつ毛を確認する。

(長いのと短いのが混在している)

そう、まつ毛の長さがバラバラになっているのだ。

 

元から生えていたまつ毛がさらに伸びたのかもしれないし、ハゲ部分から新たに生えてきたのかもしれない。

とにかく、まつ毛の量が増え、長さもまばらになっている。

 

注意書きには、

「ただし、発毛可能な毛包(もうほう)が存在しない場合には本来の効果が得られないことがあります」

と書かれている。

ということは、わたしのまつ毛のハゲ部分は、毛包が残っていたということか。

 

半信半疑ながらも、処方してくれた主治医へ確認をする。

「気のせいだとは思いますが、まつ毛が増えた気がします」

すると速攻で返信が。

「気のせいではなく、増えて太くなります」

でも、まだ5日だよ…。

 

どうやら早い人で2週間程度で増毛が実感できるのだそう。私はその半分以下の期間で変化を感知したのだ。

さすがは人間離れした修復力というか生命力というか。

 

じつは主治医に内緒にしていることがある。

グラッシュビスタの塗布方法は、専用ブラシの先端に一滴垂らし、まつ毛の生え際に塗るだけ。使用済みの専用ブラシは捨て、再使用は禁止。

 

だがわたしは、ブラシに残った液体をまゆ毛にチョンチョンしたのだ。

 

まゆ毛のハゲ部分にチョンチョンし続けた結果、なんと、まゆ毛が生えてきたではないか!

 

あまり余計なことをすると叱られるため、これ以上は自粛する。

しかし、毛包が生き残っていれば毛は生えるものなのだ!ということに、深く感動を覚えた。

 

今まで薄毛(AGA)治療など、まやかしだと鼻で笑っていた。

しかし実際に自分のまつ毛やまゆ毛が生えてきたとなると、それらの治療もバカにはできない。

 

念のため、おでこの真ん中あたりにグラッシュビスタを塗ってみようか。そんなところから毛が生えてくれば、それこそ誰もが信じるだろう。

(そこに毛包が存在すればの話だが)

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です