男性がトイレで「座って用を足す」という難易度の高いコンサルティング

Pocket

 

海外のクライアントとメールをすると、海外ならではの定型文を目にする。

たとえば金曜日ならば、

「良い週末を!」

とメールの最後に必ず入っている。

 

久しぶりにメールが来れば、

「楽しい日々を過ごされていたことでしょう」

などと、プライベートを気にかけるセリフが必ず添えられている。

 

たったこれだけでも、読んだこちらはほっこりと温かい気持ちになれる。

顔の見えない会話では、こういった気の利くセリフが親密度を高める。

 

 

本当に歌をうたわなくなったポールについて。

 

ポールと言えば音痴!が合言葉の、独特なキャラクターで人気を博すポール。

それにもかかわらず、私のディスり方がひどかったせいか、歌うことをやめてしまった。

じつに惜しいことをしたと後悔している。

 

ポールは我が道を行く頑固な人間だが、メッセージの最初に「自然」について触れるコメントを入れる時がある。

そんなところがちょっと外国人ぽいな、と思ったりもする。

 

「外は大雨だ」

「たくさんのカラスが鳴いている」

「火星が近いようだ」

 

一体どこに住んでるんですか?というような、大自然の様子を伝えてくれるポール。

 

親しみを込めたあいさつ文を好む外国人でも、ここまで壮大なスケールは見たことがない。

よって、さすがポールといったところか。

 

 

そんなポールと、ふとしたきっかけでトイレの話題になった。

トイレ掃除というくだらない内容だが、私は最初から一つの考えしかなかった。

 

「そもそも汚れないようにトイレを使えばいい」

 

これ以上に説得力のある提案はないだろう。

 

べつにトイレに限った話ではない。

キッチンでも、リビングでも、オフィスでもなんでもいい。

いずれ掃除をするにせよ、限りなくきれいに使うことで掃除の頻度は減り、結果として効率的であることに反論はないはず。

 

しかしポールの意見はこうだ。

 

「人に指示してやらせて、ダメなら自分でやる。

それ(やらないこと)に対して文句を言うのは時間のムダだ」

 

一見、もっともな意見で確かにそのとおりとなりそうだ。

これに対して私は、

 

「男性も座って用を足せばいい」

 

と意見を述べた。

これでもうお分かりだろう、我々が何について議論を交わしているのか。

 

そう、男性が立って用を足すことについてだ。

そのせいでトイレ周辺が汚れるのならば、座ってすればいいだけのこと。

それを頑なに立って行う必要性がどこにあるというのだ。

 

「会社経営において、従業員にいくら指示しても無理だと感じたら、マネジメントに責任を持つ人間がやるしかないのだ」

 

かつてマネジメントの仕事をしていたポール。

この部分だけを聞くと、まさに正論で争う余地はない。

しかし、現在の議題は「トイレで座って用を足す話」だ。

 

「そもそも汚れるようなトイレの使い方をしなければいい」

 

私は当たり前すぎる意見をズバリと述べた。

この意見に異論があるとは思えない。

 

しかしさすがはポール、反論してきた。

 

「ルールで規定したから人が動くわけではない。

食品会社の『先入れ先出しのルール』と同じだ。

意味を理解できない従業員は、(手前にある)後から仕入れた商品を先に出してしまう。

先入れ先出しを実施するには、先に仕入れた商品からしか出せない配置の倉庫にするとか、物理的な仕組みをつくらない限り、バカ相手には機能しない。

 

トイレ掃除もこれと同じだ。

自ら掃除をしない人間は、ルールで規定したとて守るわけがない。

つまり、座って用を足さないと使えないようなトイレでない限り、無理だ」

 

なんという屁理屈!!!

 

さすがの私も驚いた。

聞いている途中でイラっとしたが、ここまで開き直られるともはや返す言葉が見つからない。

 

それでも私は振り絞るように、

 

「せめてポールが率先してやればいい」

 

と助言した。

すると、

 

「だれが俺のトイレの様子なんて見るんだ(見るわけがない、オマエはバカか?)」

 

と鼻であしらわれた。

 

 

私は思った。

立って用を足すことが原因でトイレ周辺の掃除をするならば、座ってすることでその無駄は省ける。

物理的に立ってしなければならない状況ならば別だ。

 

しかし座ってすることができるにもかかわらず、その労を惜しむ(?)ことで発生する掃除という行為は、「時間のムダ」とは言わないのだろうか。

毎日のトイレ掃除の手間と時間を、もっと有意義なことに使うべきだとは思わないのだろうか。

 

マネジメントについて、部下への指示について、さらには時間の使い方について、日頃から偉そうに、いや具体的かつ実行力のあるメソッドを語るポール。

 

そもそもマネジメントで重要な、

「無駄な時間を発生させない工夫をする」

という発想は、どこへいってしまったのだろうか。

 

 

トイレの使用方法についての事業再生(マネジメント)は、なかなか手ごわそうだ。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です