深夜3時のボイス+メンタルトレーニング

Pocket

 

いま、朝の4時半だ。

 

ポールは友達がいないのだと思う。

でなければ、あんなに何度も自分のカラオケを私に送りつけてくるはずが、ない。

 

**

 

ポールは相変わらず歌が下手だった。

しかし、根がまじめなのだと思う。

 

私が過去に伝えたアドバイスを、1割くらい守ろうとしていた。

頑固でカタブツ、「オレ様」の典型と言えるポール。

人の言うことなんて1ミリも聞きそうにないが、1割も実行しようと努力してくれたのだから驚きというべきか。

 

前回はあまりの衝撃に絶句したが、今回は2度目なので、落ち着いて「ひどい歌」を分析しようと心がけた。

 

(今回もお題は「ルパン三世愛のテーマ」)

 

(前奏)

 

(・・・おや)

 

そう、まず出だしの音。

「あーいをーむねにーだーいてー」と始まるのだが、この「あ」の音が前回と比べて正確な音程にハマっている。

これは期待できる・・・。

 

(・・・チッ、いらんことしやがって)

 

「ふるえてーねむれー」と続くのだが、この「れーーーー」と伸ばすところ、ドヘタクソのくせにいっちょまえに「ビブラートもどき」をかけてきやがった。

しかもそれはビブラートというより、ガクガク震えるロングトーン。

聞きづらいったらありゃしない(しかし、ポールがカラオケで高得点を出せる秘訣がここにあったのだ。詳しくは後ほど)。

 

(途中、省略)

 

 

終わった。

正直な感想として「前より良くなってる」といったところ。

今回、私は新たな試みとして、ポールの声に「正しい音程」でメロディーをかぶせて録音してみた。

そしてその動画をポールへ送った。

 

「私の声とポールの声、ちょっとだけズレてるのわかるかな?」

 

「わからない(`・ω・´)」

 

 

・・・だめか。

 

 

そこで一つ、私は”上手い例え”を思いついた。

 

「あ、いい例えを思いついた。 

『真っすぐ歩け』って言ってるのに、ポールはスキップしたりサイドステップ踏んだりしてる感じなんだよ」

 

するとポールは、いっちょ前に言い訳をかました。

 

「そうだよ、真っすぐ歩いても外れるからジグザグに歩いて、部分的に合わせに行ってる」

 

キーーーーーーーーーー!!!

この偏屈野郎め・・・

 

(これは、私にとってのメンタルトレーニングに違いない)

 

私は怒りを堪え、丁寧に説明をした。

 

…私は、ノンビブラートでしゃくりも入れずに、ストレートに声を出してる。

裸で人前に出るみたいに恥ずかしい感覚はあるけど、自分の声をごまかさず、正しい音に当てはめて歌えてるのかを確認するためだよ。

だからポールも、ビブラートやしゃくり(勝手にそうなってるだけだろうけど)をやめて、裸の声で勝負してみようよ。

耳でしっかり聞きながら歌ってみようよ。

 

そう優しく提案した。

 

 

「それは、音程バーを見るなってこと?」

 

「・・キサマは目で声が出せるんか?ポール」

 

「よし、じゃあ音程バーを見ずに歌ってくるぞ!」

 

 

(10分後)

 

 

「(ノンビブラート、しゃくりなしの結果)音程正確率が60%だったぞ。

99%から60%まで下がったわ」

 

 

これで私はピンときた。

採点機能が「機能しなかった理由」が明らかになった。

 

 

この歌がへたくそなポールが、カラオケで96点などという高得点を出せるはずがない。

しかも、本人曰く、

 

「音程正確率99%だった」

 

んなわけあるかい!

とうとう嘘つくようになったのか。

 

と思ったが、一つ思い当たるふしがあった。

 

それがあの「ビブラートもどき」だ。

あれだけ大げさでひどいビブラートをかければ、音程など分析することはできまい(ましてや機械の設定上、不可能)。

となると、あのガクガク震えるビブラートが原因で、音程の正確率が上がっている(正確には、判定できないのでスルーした結果、減点されなかった)と考えるのが自然だ。

 

まぁ、音程正確率が60%なんてのもありえないパーセンテージで、私から言わせれば17%程度といったところだが。

 

とにかく、カラオケなんてものは信用できない。

だいたい、歌手ご本人がカラオケで歌たって100点なんて出やしないんだから。

それを、ドヘタクソのポールが99点だなんて、そんなポンコツ採点機能あるかいな。

 

**

 

そんな愛くるしい天然ポールの、本日最後の名言はコチラ。

 

「まあ、点数ゲームを騙すという目的は達成できてるということだw」

 

 

・・そうだよ、ゲーマーとしてのポールは、採点機能の攻略に成功したんだよ。

 

 

~つづく(と思われる)~

 

Pocket

2件のコメント

ポールさん相変わらず前向き(笑)
おそらく「音痴」とストレートに言っても前向きに変換できる力をお持ちとみた!

うん、何だろうね。
あそこまでポジティブに脳内変換できるのって、ある種の才能だよね。
今となっては、そをれを大事にしてほしい…と願ってる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です