ティファニーで超ショックを

Pocket

 

ブランド品を身につけなくなって、しばらく経つ。

といっても、時計やシルバーアクセサリーの類は別だが。

ここでいうブランド品は、女性ならではのハイブランドのこと。

 

ちなみに、私がブランド品を避けているわけではない。

あちらが私を避けているのだ。

 

例えばシャツやニットを試着したとき、危うく脱げなくなる。

バストが巨乳だからではない、チェストが巨乳なのだ。

それに加えて肩回りや背中が分厚いため、私の身長からするとМサイズのはずが、袖を通してしまうとピッタリすぎて脱げなくなる。

その結果、店員に助けを求め、衣服を伸ばさないように脱がせてもらうことになる。

 

パンツ類も同じだ。

とくに尻と太ももが立体的な私は、パンツを上げる際、最後まで上がりきらない恐れがある。

恐ろしかったのは、細身のストレッチパンツがひざで止まってしまったときだ。

これはつまり、そのブランドを選ぶ女性の大半の太ももが、私のふくらはぎと同じ太さだということを暗に示している。

 

言い換えると、ハイブランドが私を拒絶している。

 

ああいう店の試着で一番やっかいなのは、試着室の外で店員が待ち構えていることだ。

「いかがですか〜?」

いらん心配をしてくれる。

「あ、いい感じです」

と必然的に言わされるわけだが、ツワモノともなるとその先がある。

「大きな鏡でもご覧ください~」

この強制的な指示たるや。

パンツが上がり切らずジッパーがブイの字に全開となっているにもかかわらず、外へ出てこいだと?

「あ、大丈夫ですぅ」

この無神経め、とやんわり断る。

すると、

「お似合いだと思いますから、ぜひこちらで見せてくださ〜い」

キ、キサマ・・・。

 

ちなみに無理やり履いたパンツを脱ごうとすると、真っすぐ下ろしたところで脱げない。

私の足に食い込まんばかりにパンツが貼りついているため、バナナの皮をむくように、パンツを裏返しにして脱ぐしかないのだ。

最後はかかとに引っかかり、そのままきれいに裏返しとなってパンツが私から離脱。

 

その点、ユニクロは優しいーー

 

 

ティファニー銀座三越店での出来事。

5年ほど前に購入したお気に入りの一粒ダイヤのネックレスがあり、その長さを調整してもらうため、店舗を訪れた。

 

ティファニーと言えば女性の憧れのブランドであり、男性からしても「ティファニー贈っとけば安牌(アンパイ)」と、定評のあるジュエリーブランド。

店員の教育も行き届いており、常に笑顔で所作の一つ一つが優雅で美しい。

 

「いらっしゃいませ」

美人な店員に声をかけられる。

 

「ネックレスを短くしたいのですが」

首に付けたネックレスを触りながら私は言う。

 

「どうぞ、こちらへ」

 

言いながらサッと椅子を引き、そこへ座らされる。

店員は、立派な鏡を目の前に置くと私の背後へ回り、ネックレスをつまんで長さを決める。

 

「チョーカーほど短かくなくていいんだけど、Tシャツからでも見えるくらいにしたいです」

私は希望の長さを伝える。

「それでしたら、このくらいはいかがでしょう?」

長さにして20ミリ強をカットするくらい。

「いいですね、それで」

私はすんなり、その長さに同意した。

 

白い歯をチラッと見せ軽くうなずく店員は、トレーにネックレスを寝かせながら会話を続ける。

「お客さま、格闘技か何かされているんですか?」

まぁね、と言いかけてハッとなる。

 

私はここへ来て一言も、格闘技どころかスポーツについての会話はしていない。

なのになぜ、どこを見てそう思ったのだろうか。

 

「どうしてそう思ったの?」

 

単刀直入に質問し返す。

すると店員は一瞬「しまった」という顔をし、慌てふためきながらこう取り繕った。

 

「あ、その、お首が立派でしたので・・」

 

首のことを「お首」と言われたことも初めてだが、それが「立派」だと言われたのも初めての出来事。

ましてや私の身体で唯一、女性らしい部分といえば「首」だと自負していたわけで。

だからこそ、ティファニーのネックレスなどという物を着けているのであり、私の首は女性としてのアピールポイントのはずなのだが。

 

 

一昨日、友人がTwitterで、

「鍛えてるかどうかは首みたらわかりやすいな」

とつぶやいていた。

それを見てティファニーでの苦い思い出がよみがえった、というわけだ。

 

ちなみに私は、鍛えていない。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です