検体採取日が過去すぎる件

Pocket

 

今思えば、あのアメリカ人は偉かったと思う。自分の価値観と判断力で画面をタップしたのだから。

「これはルールですから」

の一点張りで押し通されたら、わたしはまだ日本には戻れていなかったわけで。

 

 

9月7日0時以前に日本へ入国する場合、帰国便の搭乗72時間前までに、新型コロナ陰性証明を取得しておかなければならなかった。

ところが本日以降は、ワクチン接種を3回以上行っている場合に限り、陰性証明は不要となった。

 

だがもれなく陰性証明が必要なわたしは、ラスベガス市内のクリニックにて「鼻腔ぬぐい液の核酸増幅検査」を受け、結果は「Negative(陰性)」。予定通り帰国できることとなった。

 

そして事件は空港で起きた。

 

帰国時の検疫手続事前登録を済ませたわたしは、意気揚々とチェックインを行っていた。ポンポンと画面を進めると、

「お近くの航空会社スタッフをお呼びください」

というメッセージが現れた。日本出国時もそうだったが、ここでワクチン接種証明や陰性証明の確認をしてもらい、スタッフが「OK」をタップすると次へと進めるのだ。

 

出国時など、スタッフは忙しすぎて何もチェックをしなかった。

わたしがワクチン接種を2回済ませているかどうかなど、誰も確認していない。それでも飛行機に乗れるし米国へ入国できるのだから、なんというか非常に形式的なものなのだと感じた。

 

しかし帰国時は、スタッフが暇だったせいか「書類に目を通させろと」と凄まれた。

まぁべつに悪いことをしているわけでも、書類を捏造したわけでもないので、クリニックで発行された英語版の証明書を彼女へ手渡すと、しばし時が過ぎるのを待った。

 

「んー、困ったわね」

 

苦笑いしながらお姉ちゃんが顔を上げる。なにが困ったんだ?なにも困ることはないだろう。

 

「検査は72時間以内でないとダメなのよ」

 

そんなことは分かっている。だからこそ昨日、検査に行ったのだから。

すると書類の「ある部分」を指さしながらこう言った。

 

「昨日じゃないわ。8月30日に検査したことになってるのよ」

 

一瞬、嫌な予感が走る。

(まさかあのクリニック、日付を間違えたのか?いや、そんなはずはない。わたしもその場で確認したのだから)

彼女から書類を奪い取ると、すぐさま日付欄を確認。するとなんと、報告日は9月3日午後12時4分だが、採取日と検査日が8月30日午後12時52分になっていたのだ!

 

(クソッ!書類のひな型をコピペしてるから、前の日本人の記録が残ってたんだ・・)

 

そこでわたしはお姉ちゃんにこう言った。

「わたしがアメリカへ来たのは8月31日だよ。つまりこれは、クリニックの記入ミスだね」

すると彼女はこう答えた。

「それは知らないわ。でもここには8月30日と書かれてるから」

 

ここでわたしにクレーマーの、いや、交渉人としてのスイッチが入った。

 

「この書類は置いといて、8月31日に入国したわたしが、どうすれば8月30日にラスベガスのクリニックで検査を受けられると思う?」

「・・無理でしょ」

「そうね、普通に考えれば無理だよね。ではこの書類の話だけど、検体採取日が入国日より前の日付が記入してあるけど、これはどういう理由が考えられる?」

「・・・知らないわ。書き間違えでしょ」

「そうだよね。ちなみにこれが31日に入国したスタンプと、空港からホテルまでのUBER。そしてこれが3日にホテルからクリニックへ行ったUBERの履歴ね」

 

そう言いながら、パスポートとUBERアプリを見せた。

 

当たり前だが、忌々しい顔でチラ見する彼女。そりゃそうだろう、誰がどう見たってクリニックの誤記であることは明白。

それでも航空会社スタッフとしては、書類こそがすべてであり、そこに書かれた内容で判断するのが正義なのだから。

すると彼女が口を開いた。

 

「それでも、72時間以内の結果じゃなければダメ」

 

そこでわたしは再び、こう尋ねた。

 

「これは、今から30時間前に検査をした結果よ。さっきも言った通り、採取日が誤りで報告日と検査結果が正しい。日付の記入ミスだとしたら、真実はどれかしら?」

 

彼女は黙った。

 

「あなたの賢さを信じてる。画面のボタンをタップして」

 

追い打ちをかける。

 

「タップして」

 

すると彼女は、ふてくされた表情を浮かべながらも「OK」ボタンをタップして、去って行った。

 

 

現場の判断で、という運用がどこまで許されるのかは分からない。だが少なくとも、彼女は彼女の頭で考えて判断した結果、OKを選んだのだ。

「ルールですから」

の一点張りならば、その先どうなっていたのか分からない。

 

とはいえ、記入済みの政府指定フォーマットも持っているので、いざとなれば正しく記入されたこちらを見せればよかった話。

旅の最後にちょっとだけ、思い出を作りたかったのである。

 

サムネイル by 希鳳

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。