所持金0円の彫り師が10億円を動かすフィクサーになるまで

Pocket

 

人間には2種類の「優秀」がいる。

 

一つはいわゆる優秀な人間、リーガリストとでも言おうか。

学歴、職歴、人間性、どれをとっても完璧で素晴らしいタイプ。

 

もう一つが、アウトローでありながらも優秀さの塊でできている人間。

学歴、職歴について特筆すべき点はないが、人間性と人間力にずば抜けているタイプ。

 

そして私は、ことあるごとに後者の人間に驚かされ、己の未熟さを痛感する。

 

 

友人の名は、モー・サイマイ(仮名)。

モーは中学校を卒業したのだろうか、定かではない。

職業は、あえて言うなら「彫り師」、英語で言うと「タトゥーアーティスト」。

 

私の友人のなかでも群を抜いて賢い男だ。

 

モーの過去はロクでもない。

その昔はアタリ屋をして暮らしていた。

 

「場所は一時停止の十字路がベスト。

オレは自転車で相手は車、自転車の後輪をうまく車のフロントに引っかけて転ぶんだ」

 

一時停止を無視、あるいは減速するも停止しなかった車両に対して敢行するらしい。

そして後輪を引っかけるほうが、失敗しても大怪我につながらないとのこと。

 

「待機してた仲間が駆け寄り『大丈夫ですか?』と派手にやる」

 

ここで大騒ぎすることがポイント。

モーは転倒する覚悟で路上に出ているため、実際は受け身を取るなりなんなりでそこまで痛くないらしい。

 

こんな入念な計画的犯行の餌食にされたんじゃ、運転手も哀れだが仕方ない。

そんなモーはある時、あまりに当たりすぎたせいで警察から、

 

「またキミ?わざとやってるよね?」

 

と核心を突く質問をされた。

普通ならばここでたじろぐところ、モーは平然とこう言ってのけた。

 

「僕、ものすごく運が悪いんです」

 

警察もそれ以上は追及しなかったそうだ。

 

 

サーフィンがしたいと思ったモーは、オーストラリアへ渡った。

観光ビザで入国したにも関わらず、現地で大金を稼いで豪遊していた。

その稼ぎというのが「タトゥーを彫ること」だった。

 

現地で彫り師と友達になり、実際に彫ってもらったモー。

見ているうちに自分でもできそうだと感じ、彫り師からタトゥーマシンを奪いトライした。

 

(オレでもいけるな)

 

そう確信したモーは、中古のマシンを格安で譲り受け、翌日から海辺で商売を始めた。

 

ーーこれが伝説の彫り師の誕生となった

 

海辺に集まるサーファー相手に毎日せっせとタトゥーを彫った。

もとから絵心のあるモーの評判はすぐさま広がり、地元で人気のジャパニーズ・タトゥーアーティストになった。

 

観光ビザのため、ビザが切れそうになると一時帰国し、再びオーストラリアへ出稼ぎに戻る生活を繰り返した。

 

3年ほどオーストラリアを満喫し、サーフィンのテクニックとタトゥーのスキルを身に着けたモーは、活動拠点をタイへと移した。

物価も安く発展途上のタイはモーにとったらドル箱の国。

ここで財を築き上げることにした。

 

 

モーは自ら彫り師をしながら、タトゥー機材の通信販売を始めた。

マシン、インク、痛み止めなどをアメリカや中国から安く仕入れ、日本へネット販売で売りさばく。

当時、日本国内で質の良いタトゥー機材を手に入れることは困難だったため、瞬く間にモーのサイトは繁盛した。

 

タイで商売を始めたことについて、

 

「オレみたいなハンパもんは日本では成功しない。

でもこの国でなら金持ちになれる。

東南アジアで事業する日本人は、オレから言わせれば負け犬。

日本で勝負できないからこっちへ逃げてきてる」

 

そう冷静に話すモーは、控えめに見ても完璧な青年実業家だった。

 

 

タイで遊びつくしたモーは日本へ帰ってきた。

帰国前にタイ人の配偶者をつくり、タイでの永住権も獲得するぬかりなさ。

 

これには裏がある。

タイでお金を動かすにあたり、配偶者がタイ人だったり、自らが永住者だったりするほうが、なにかと都合がいいのだ。

 

たしかに日本でも、口座開設にはなかなかの手間がかかる。

とくにアウトローに稼いでいるモーにとって、この準備は必要不可欠。

 

 

そこから2年がたったある日、国税からモーにお呼び出しがかかった。

 

「ここ数年で10億円が移動している、調べさせてほしい」

 

とうとう年貢の納め時か、と私が諦めていたところ、モーはここでも平然としていた。

 

「全部、嫁(タイ人)がやったことなので、僕はなにも知りません」

 

このための準備だったのかーー

 

先見の明がある、とは正に彼のような人間を指すのだろう。

大事(おおごと)になりそうな事案に関して周到に予防線を張っておく。

その嗅覚と手法に、私は度肝を抜かれた。

 

国税とのやり取りを聞くと、どうやら国税もおかしなことを言っている。

 

「口座から1億円が引き出され、別の口座へ1億円が移動した。

つまり合計2億円の現金が動いている」

 

(え?それは実質1億円じゃないの?)

 

そんなこんなで、タイ人妻が勝手にやったことゆえモーは関与していない、の一点張りで終了。

 

 

モーは影で人助けもする。

 

借金が返せず困っている人間に、高金利で現金を貸している。

場合によっては億単位で現金が動く。

 

銀行も街金も貸してくれないような人間に、命の次に大切な金を貸すんだぞ、しかも即日。

利息が高いのは当たり前だ」

 

たしかに筋は通っている。

金融機関から融資を受けると、審査やらなんやらで数か月かかる。

ましてや金額が大きい場合、担保や保証人でてこずる場合もある。

とくに公共事業の場合、途中で倒れられて困るのは「国」だ。

モーがやったことは、回りまわって日本を助けたことになる。

 

「今日さえしのげれば、お金は返せます」

 

その言葉のとおり、1億を貸した翌日に1億1千万円をきっちり返した客がいる。

担保は広大な土地と建物だったらしい。

 

モーは笑いながらこう言う。

 

「飛んでくれたら1億1千万円以上になったんだけどな」

 

まぁ、たしかに。

しかしまっとうな人間とは約束を果たすものなのだろう。

 

モーが繋いだ1億円のおかげで、とある大規模事業は継続している。

モーがかかわったことなど誰も知らない。

あの「繋ぎ」がなかったとしたら、多くの人が路頭にまよい、国の責任問題にかかわる事態に発展していた可能性すらある。

 

正義とは、なんなんだろう。

 

 

モーを見ていると、人間の賢さ・優秀さは本質的な部分にあることを思い知らされる。

仮に無人島で一人取り残されても、紛争地域で敵地に置いていかれても、モーならば見事生き延び帰還するだろう。

 

モーの優れた能力を日本がうまく使いこなせれば、世界と対等に戦えるアグレッシブな国になれる。

そしてモーのような異色の才能を持つ人間は、日本の教育制度下でたくさん埋もれているはず。

 

私の周りには、本当に優秀な人間がたくさんいる。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です