売春と麻薬売買の取引所でせっせと仕事をする私

Pocket

 

日本で「違法薬物の売買」を目撃する機会など、そうそうないだろう。

 

また「積極的な売春行為」を目撃することも、あまりないだろう。

 

しかし海外では、そういった場面に遭遇してしまう時がある。

 

 

コロンビアのカリへ行ったときのこと。

カリの正式名称は、サンティアゴ・デ・カリ(Santiago de Cali)で、ボゴタ、メデジンに次いでコロンビアの第三の都市。

 

コロンビア(というかカリ)へ行ったのはたった一回だけだが、こんなにもリアルに犯罪臭のする国は、後にも先にもこの国だけかもしれない。

 

 

まずコロンビアでは、大麻の個人的な栽培と消費が認められている

 

大麻の消費や商業販売は違法だが、特定の医療用途であれば合法とされ、個人的な栽培と消費も犯罪とはみなされない。

栽培に関しては20鉢まではOKとのこと。

 

日本人が大麻を栽培(=所持)すれば違法になるが、この程度ならまぁカワイイものだろう。

 

さらにカリは、ただでさえ殺人率の高いコロンビアにおける殺人率がナンバーワンの都市だ。

 

カリには多数のマフィア軍団が生息し、麻薬カルテル(既に衰退したカリ・カルテルが有名)の活動拠点だったこともあり、普通に治安が悪い。

 

加えて強盗件数もナンバーワンと、カリは治安の悪いランカーのなかでもトップに君臨するほどの、ワルの実力がある。

 

つまり、犯罪とともに日常生活のある国がコロンビアであり、カリなのだ。

 

 

そんなことを考えながら道端に座っていると、目の前のアジア人女性がiPhoneを奪われた

 

コロンビア人の子どもらから頼まれ、仲良く記念撮影していたとき、

 

「私のケータイでも撮って!」

 

と彼らに手渡したiPhoneをそのまま奪って逃げられた。

 

携帯電話を盗られてかわいそうだが、なんだかその無防備さが滑稽だった。

 

 

ホテルに戻ると早速、仕事をするためWi-Fiに接続した。

しかし部屋のWi-Fiは弱く、インターネット接続にストレスがかかるため、電波の強い場所を求めてホテルを徘徊した。

 

滞在したホテルはそこそこのランク(四つ星)のホテルだが、ロビー階のエレベーターは鉄格子でカバーされていて2名の警察官が立っている。

 

サルサダンスの聖地とされるカリ。

そのためかどうかは不明だが、ホテル内の照明は淫靡な雰囲気を醸し出しており、ただでさえ怪しい。

 

そんなダーティーなホテルのロビーこそ、Wi-Fiが最強に入る場所だった。

 

私は一番広いソファを陣取りせっせと仕事を始めた。

 

 

南米人は年齢不詳だ。

日本人の私は若くみられることが多いが、コロンビア人はなんとも大人びて見える。

特に女性。

 

豊満なボディラインが浮き出るピタピタのドレスを纏(まと)い、オッパイも背中も太ももも、ほとんど隠れてないじゃないか!というくらいの肉体美を見せつけてくる。

 

10名ほどのセクシー美女がたむろっているところへ、同じ人数の男性陣がやってきた。

 

男性のほうが若く(幼く)見えるが、多分、同世代なのだろう。

 

ゾロゾロと男女カップルになり、散っていく。

散っていくのだが、エレベーターの前で先ほどの警察官からID(身分証明)チェックを求められ、もめている。

 

どうやら男性は宿泊客で女性が売春婦らしい。

男性がIDを提示し、腕を組んだセクシー美女とエレベーターに乗ろうとするが、警察官がそれを阻止する。

 

エレベーターの前にそびえる鉄格子を開ける権利を持つのは警察官。

ゆえにエレベーターの扉はそう簡単には開かない。

 

別のカップルを見るとトイレに入っていった。

私の見間違いでなければ、二人そろって同じトイレに入った。

 

そのほかのカップルも、思い思いの場所で濃密なボディタッチやらチューやらを交わしている。

 

そのうち、エレベーターの門番である警察官(一人)とカップルが大声でもめ始めた。

 

次に観葉植物のかげでコトを始めようとしていたカップルが、もう一人の警察官に引きずり出された。

 

他のカップル同士も揉め始めた。

 

ーーナンダコレ

 

 

仕事どころではなくなってきた私は、ひとまず静かな雰囲気のところで落ち着こうと考えた。

 

男子トイレをのぞくと明かりが見える。

 

(ということは、さっきのカップルは男子トイレに入ったんだな)

 

安心した私は、真っ暗な女子トイレのドアを開けた。

そして照明のスイッチを探して押した。

 

すると、

 

個室のドアから4本の足が見えた。

 

しかも4本とも裸足だ。

 

いや、もっと解説すると全裸だ。

なぜなら床に無造作に衣服+下着が置かれている(落ちている)。

 

私はそっと電気を消し、トイレを後にした。

 

 

ホテルのフロントで、この光景が普通なのか特別なのかを尋ねてみた。

予想通り、これが日常なのだそう。

 

「売春婦が運び屋だから」

 

プロは「手持ち」では運ばないらしい。

体内に入れてくるのだそう。

 

だから女でないと運べないのだーー

 

 

ロビーが騒がしくなり、外から警察官が押し寄せてきた。

先ほどの若い男女カップル10組が全員、手錠をかけられ連れて行かれた。

 

しかし毎日これほどの逮捕者が出れば、留置場や拘置所はあっという間に定員オーバーとなるだろう。

どうなっているんだろうか。

 

 

ーーホテルの外で派手なパトライトが点灯し、ホテルの中は若者らが泣くわ喚(わめ)くわの大騒ぎ。

 

そんな騒々しい環境でも、せっせと仕事を続けた深夜2時の出来事だった。

 

 

Illustrated by 希鳳

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です