脱・仕事してるフリ

Pocket

 

わたしは今まで、自分が「仕事をしているフリ」をしていたことを白状する。

 

そしてそれがいかに無駄で無意味だったかも認める。

 

 

連日、労働保険料の年度更新を行っている。申告の方法は、政府が運営する「e-Gov(イーガブ)」へアクセスし、電子申請にて処理をする。

 

流れとして、まずはクライアントから「年度更新の申告書」を送ってもらい、そこに記載されている「アクセスコード」という暗号を入力し、電子申請画面へと進む。

そこで昨年度の確定保険料や、今年度の概算保険料を入力し、納付回数を選択後、管轄の労働局を指定して提出する仕組み。

 

一番面倒なのは、確定保険料の計算だろう。

 

だが顧問先であれば、毎月賃金の確認をしているため、あとは社労士ソフトが自動計算してくれる。

バカなわたしが電卓を叩くより、はるかに正確で迅速に計算してくれるわけで、さすが高額な年間保守料を支払っているだけの価値はある。

 

社労士ソフトが自動計算した金額を、電子申請画面へ入力し、クリックするだけで年度更新は終わり。

というわけで、毎年この時期になると

「毎月の積み重ねが、ここへきて絶大なる効果を発揮している!」

としみじみ感じる瞬間でもあるのだ。

 

問題はここからだ。

労働保険料の納付方法は2種類ある。一つは口座振替、もう一つは納付書。

 

口座振替は読んで字のごとく、口座から自動引き落としされる。

そして今回、問題として取り上げるのは「納付書」のほうだ。

 

毎年5月後半から6月上旬にかけて、労働局から送られてくる緑色のデカい封筒に、年度更新の書類は同封されている。

手続きで必要な「年度更新の申告書」というのは、3枚綴りのベロンと長い書類。

そのベロンとした下の方に「納付書」がくっ付いており、それを使って銀行や郵便局などで納付をしてもらう。

 

顧問先へは事前にメールで、

「口座振替が便利ですから、手続きしてくださいね」

という内容とともに、口座振替申込書とパンフレットを送信している。

 

もちろんそれを見て、すでに切り替え手続きを済ませた顧問先もあるが、毎年恒例で「絶対に納付書」の企業も存在する。

割合でいうと顧問先の半分くらいは納付書だ。

 

傾向として、

「事務担当者がおらず、社長自らも現場に出ている」

このような場合、口座振替に切り替える手続きを行う暇がなく、納付書のままとなってしまうのだろう。

 

それでもわたしはそれを悪いとは思わなかった。

その理由は、

「納付書に金額を記入し返送することで、わたしが『仕事をした感』が出る」

と思ったからだ。

 

いま思うとなんとも下衆で低俗な考えだが、顧問料というものを考えるとつい、サービス精神とでも言おうか、少しでも「役に立ってます」感を出したいと考えた。

 

顧問料というのは毎月定額ゆえ、手続きやトラブル、事件があればクライアント側はラッキーだろう。顧問料内でさまざまな対処をしてもらえるからだ。

だが労働者の入退社や異動、事件も何も起きなかったとき、わたしはラッキーだがクライアントは「チッ」と思うかもしれない。

 

顧問はすなはち保険。いわゆる「お守り」のようなもの。よって、わたしを顧問に置いておくことで災厄が起きなければ、それに越したことはない。

とはいえ毎月報酬は発生するわけで、何も起きないのが良いことであっても、企業側の心境としては微妙なものだろう。

 

そこでわたしは、せめてもの「やってます感」を出すために、毎年この時期はせっせと納付書に記入し、封筒に宛名を書き、切手を貼って投函していたのだ。

 

なにがDXだ、なにが業務効率化だ。今まで散々、

「申請は電子に限る。郵送や直接持ち込みなど、愚の骨頂!」

と声高に叫んでいたわたしが、年度更新(の納付書)だけは手書きで郵送を慣行。

仕事をしているフリのために、アナログをスルーしていたなど、口が裂けても認めたくはない。

 

そこで今年はこの愚行を悔い改めようと、口座振替に切り替えていない顧問先へ、口座振替申込書をある程度記入した上で送付することにした。

 

なぜなら、口座振替にしない企業は、単純にその手続きが面倒だと感じているからだ。

 

わたしがメールで送った申込書をプリントアウトし、必要事項の記入と押印後、金融機関の窓口へ提出。

その作業をする暇がなかったり、面倒だったりするから実行しないのだ。

 

であれば、こちらである程度記入した状態で送れば手間も半減、さすがに手続きをしてくれるだろう。

 

ということで、3枚セットの口座振替申込書をせっせとプリントアウトし、最低限の必要事項を記入する。

とくに「労働保険番号」など事業主は知らないことが多い。知っていて当然だが、まぁその辺りはわたしの仕事だろう。

 

事業主情報を記入し、押印箇所と口座情報記入欄をマーカーで分かりやすく色付けする。

 

ーーオイ、1社作成するのに10分かかったぞ。

 

日ごろから馴染みのない手書きに加え、労働保険番号、法人所在地、法人電話番号、法人名、法人代表者名、口座振替開始時期などを記入しなければならず、あれこれ調べながらの記入となる。

電話番号を間違えた、郵便番号を間違えた、挙げ句の果てには事業主の名前の漢字を書き間違えたーー。

 

そんなこんなで紙を無駄にするわ、時間も無駄に使うわで、散々な思いをした。

 

ーー厚生労働省よ、なぜこの申込書をExcelで提供しないんだ?記入例はExcelなのに、なぜ申込書はPDFなんだ?これでは必然的に手書きになるではないか!

 

あぁどうか、この汗と涙の結晶である口座振替申込書を、金融機関の窓口へ提出してもらいたい。

 

そして来年からは、

「納付書へ手書きで記入し、切手を貼って投函する」

というアナログ作業が消えることを願う。

 

と同時に、わざわざ金融機関へ出向く手間が省けるので、多忙な事業主にとってもいいことずくめであると伝えたい。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です