ブラジリアンショーツ、その後

Pocket

 

「もしサイズが合えば、安く譲ってもらえないかと思って」

 

突然、後輩からのメッセージ。

何のことかと思えば、購入の際にわたしが大失敗をしたブラジリアンショーツについての問い合わせだった。

 

彼女は魅力的な尻をしており、確かに一般的な女性からするとデカい部類に入る。

だが、心を鬼にして一言だけ言わせてもらいたい。

「舐めるな」

と。

 

改めてこのデカパンを手に取ってみるが、もはや買い物で使うエコバッグにしか見えない。無論、物など入るはずもないが。

両足部分のデカい穴が、エコバッグの手提げ部分にソックリ。確かにこれがエコバッグなら、持ちやすくていいかもしれない。

 

そして、引っ張り上げると胃袋まで覆うウエストのデカさときたら、100センチは優に超えている。

物は試しに、一体どのくらいの大きさまで通過できるのか試してみた。

 

頭→OK

肩→OK

腹→OK

尻→OK

 

結果として、頭からつま先までまんべんなく通過することができた。

どこの世界にこの「だるんだるんのデカパン」を好んで履く女がいるか。腹立たしい。

 

ちなみに今日も、トイレの度にデカパンを履き捨てている。だがトイレの回数が少ないわたしは、一日に多くても2枚しか処分できないのが弱点。

このペースだと、およそ一週間かかってデカパンは葬られることになる。

 

そんなブラジリアンショーツの現状と行く末を、後輩に伝える。

「もはやそれはパンツではないです」

だろ?だから言っただろ?

 

ついでに、このデカパンを履いて時間が経つとどうなるのかを教えてやった。

まず、体温と体の動きにより布が馴染んで伸びる。そのため益々ゆるくなる。おかげでパンツがずり落ちるので引っ張り上げる。それをくり返すうちにさらに伸びる。

 

その結果、Tバック部分が伸びて股まで到達し、股の部分が前方へずれ込み、本来のフロント部分の布はへそまで上がってくる。

誤解を恐れずに言うならば、リアル金太郎だ。

 

ちなみに、パンツのウエスト部分がどこで固定されているのかというと、腹斜筋に引っかかって留まっている。

 

「それはやばいです」

後輩よ、最初の勢いはどこへいった?安く譲ってもらいたいんじゃないのか?

 

「これでいいならタダであげるよ」

どうせ捨てるだけ。だったら、欲しいと言う人にあげたほうが有効活用になる。

 

ところが後輩、

「大丈夫です!!」

と、全力で拒否。

 

おいおい、なんだよ急に怖気づきやがって。

 

 

ちなみに彼女には伝えなかったが、半日履きつぶしたブラジリアンショーツ、最終的にはこうなる。

 

両足を入れる穴がどこまで伸びるのか、パンツを履いたまま引っ張ってみた。

素材もストレッチすることから、グングン伸びる。

挙句の果てには腕を通し、両肩に掛けることができた。

 

ーーレ、レスリングのシングレット。

 

 

どうか、紳士淑女はパンツで遊ばないように。

そしてオンラインショッピング、特に海外サイトで買い物をする際は、サイズチャートより商品レビューを参考にするように。

 

 

ーー書きながらもイライラが収まらない。全力で履き捨ててやる。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です