ゴールデンヤバイ

Pocket

 

予め断言しておくが、わたしは暇ではない。

仕事は常に存在し、寝ても覚めても仕事が待っている。

 

そんな生活を続けていれば、休日などなくて当たり前。むしろ、

「きょう一日は、仕事せずにくつろいでください」

などと言われても、逆にソワソワしてしまい疲れるだろう。

 

常に何らかの仕事をしていることで、わたしは満たされるし安らぎを得られる。よって、忙しいだの忙しくないだのという言葉は、まるで意味を持たない。

常に忙しいし、それと同時に、常に暇でもあるからだ。

 

そんなわたしは今日、一歩も外へ出ていない。朝起きて、昼寝して、次に起きたら夕方だった。

眠気覚ましにピアノの練習をしてから、デスクに向かいパソコンへ手を伸ばす。

(BGMがほしいな・・・)

あまりに静かな室内だと、仕事をするにも調子が出ない。カフェで音楽が必須であるように、なにか音が必要だ。

そうだ、アレクサで音楽を流してもらおう。

 

とその時、友人のささやきが脳裏をよぎった。

ゴールデンカムイ、面白いよ」

名前だけは聞いたことがある。サムネには、旧日本軍の兵士らしき青年のイラストが描かれており、大して面白そうには思えない。

少し前に、キングダムを一気に視聴したせいで、アニメを観ながら仕事をするという荒業を一週間ほど続けたわたしは、もう二度とこういうことはしないと心に誓った。

 

わたしのモットーとして、何があっても「仕事を最優先する」という信条がある。

よって、どんな生理現象も仕事の前では後回しとなる。トイレに行きたい、眠い、腹が減った・・・これらの欲求を満たしたければ、その分だけ作業スピードを上げればいいわけで、難しいことではない。

 

そしてある程度キリのいいところまで仕事を進めたら、ようやくわたしは解放される。

ときにはトイレを我慢し、あぶら汗をかきながら、怒涛の勢いでキーボードを叩き続けたこともある。

またあるときには、眠気を我慢するために歯を磨きながらパソコンと向き合ったこともある。

 

とにかく、仕事をまっとうすることでわたしの欲は満たされる。

つまり、金儲けの手段とか、社会人としての義務とか、そういう生ぬるい感覚で仕事と向き合っちゃいないのだ。

 

アニメを楽しみつつ適当に指先を動かすなど、仕事に対して不誠実すぎる。これすなわち、わたしを信頼してくれるひとたちに不義理を働くことになる。

だからこそ、「ながら作業」など金輪際行わないと誓ったのだ。わたしの意志は、鋼の如く強固で頑丈。そう、決して曲げることはない。

 

――その結果、わたしは9時間ほど右を向き続けている。

しかし不思議なことに、「首というのはもしかすると、右を向くために存在するのではないか?」と思うくらい、ずっと右を向いているのに痛くも痒くもない。

たまに正面を見ては、またすぐに右を向く。この繰り返しで、気がつくと9時間が過ぎていた。

 

正面を向く理由はパソコンを開くためだが、まだその覚悟ができていないのに電源を入れるほど、わたしは落ちぶれてない。

覚悟ができたらすぐに取り掛かるつもりで、そういう真摯な気持ちでここへ座っているのだ。

 

言うまでもなく、見ているのはゴールデンカムイ。見る予定などなかったこのアニメを紹介してくれた友人を、心の底から恨んでいる。

そんな彼女へたまに文句を送信しながらも、着々と回は進み喜怒哀楽がシェイクされ続けた。

 

(だ、ダメだ。もうそろそろ仕事をしなければ、朝になってしまう・・・)

 

いっそのこと、大規模な停電でも起きないだろうか。ネットフリックスさえ見られなくなれば、この首は正面を向く。そうすれば心置きなく仕事に取り掛かれるのだから。

 

わたしは決して、ながら仕事などしない。仕事は仕事として、真摯に向き合わなければならないからだ。

 

とにかく正面を向け、現実と向き合うのだ!!

 

 

右を向きながらも、ブラインドタッチで文字は書ける。よって、ブログだけは無事に投稿できた。

もう二度と、今度こそ二度と、人気の大作アニメなど見ないと誓おう。

 

Illustrated by 希鳳

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。