黄金とプラチナ

Pocket

 

とある田舎道を走っていると、「焼きとうもろこし」と書かれたのぼり旗を発見。

とうもろこし好きのわたしにとって、新鮮かつ出来たての焼きとうもろこしが食べられるなんて、夢のような話だ。

すぐさまハンドルを切り、特産物直売所へ入った。

 

さすがは田舎、野菜や果物のデカさが違う。ズッシリとした重量に加え、艶やかでみずみずしい農作物が、格安で販売されている。

 

(この桃なんか、都内で買ったら倍の値段だぞ)

 

片手では収まりきらないほどの白桃やネクタリン。粒が大きく張りのある巨峰にピオーネ。

その他フルーツや野菜のどれをとっても圧巻だが、残念ながら本日のメインは君たちではない。

 

このたびの主役は、黄金に輝くとうもろこし「恵味(めぐみ)」と、色白で神秘的な貴婦人「プラチナコーン」のお二方だ。

 

それにしても初めて聞く名前であるプラチナコーン。まるで「とうもろこし界のアルビノ」を名乗れそうな、透きとおる白さが特徴の美人さんだ。

ーー果たしてどんなお味なのか。

 

とそこへ飛び込んできたのは、

「生でも食べられる、フルーツコーン」

というPOP。

 

ーー穀物だとばかり思っていたとうもろこしが、フルーツだと?

 

半信半疑のわたしは、その場に置いてある試食用の生プラチナコーンをつまんで、口へと放り込む。

シャクシャク。

 

ーーう、うまい!

 

そもそもとうもろこしは、水分を豊富に含んでおり瑞々しい。

だがこれは、その上をいく潤沢な水分と新鮮さ、そして歯ごたえを装備している。さらに、とうもろこしの粒からあふれ出る「確かな甘み」を強く感じる。

 

(これをフルーツと呼ばずして、なんと呼ぶ)

 

ついでに隣りに並ぶ、黄金のとうもろこし「恵味(めぐみ)」の試食にも手を伸ばす。

シャクシャク。

 

ーーぬぅ、うまい!

 

こちらは、プラチナさんよりも舌にまとわりつくような濃厚な甘みが特徴。完熟フルーツを彷彿させる糖度だ。

いわゆる「甘みの強いとうもろこし」といったら、こちらだろう。ハチミツのようなトロッとした深い甘みが口中に広がる。

 

わたしはプラチナコーンと恵味を一本ずつ、目の前で焼いてもらった。そして手渡されるや否や、貪り食うように丸裸にしてやった。

 

これほどフルーティーなとうもろこしは、熱を加えればさらに甘みが増すことなど折り紙付き。

「こんなもの何本でも食えるわ!」

やや腹を立てながらも、あっという間に食べ尽くしてやった。

 

 

車に戻るとすぐに、下の前歯に挟まった「とうもろこしの粒皮」が気になり始めた。

 

直売所のお姉さんがドン引きするほどの、猛烈な勢いで食べ尽くした2本のとうもろこし。

わたしはトップスピードを維持したまま最後まで突っ走ったため、とうもろこしの粒皮のことなど気にする余裕はなかった。

 

だが今、いざ冷静になってみると、前歯の間に居座る「微妙な存在」が無視できないことに気付く。

 

とりあえず舌先でレロレロ、いや、チロチロいじる。ーー取れない。

 

つぎに吸引力で引き抜こうと、口を閉じてバキューム。ーーやはり取れない。

 

ならばツバをためて唾液の海に浸すことでどうにかならないか。ーーどうにもならない。

 

こうなったら最終手段。水を口に含んで水流を起こし、その水圧で粒皮を動かしてやる!ーーびくともしない。

 

運転中ということもあり、やれることに限りがある。車内にはつまようじ的なものは見当たらないし、歯を磨くこともできない。

いや、これは歯を磨いたところで「取れない系」の粒皮だ。なぜなら、歯ブラシもつまようじも入らないほど、わたしの歯と歯がギッチリ詰まっていることを忘れていたからだ。

 

一時間ほど経ったところで、わたしは我慢の限界を迎えた。

ここまでずっとナビが頭に入らないほど、歯に挟まった粒皮に気を取られながら運転してきた。だがさすがにもう無理だ。

 

たまたま目に入った「カフェ」の看板。誘われるように車を寄せると店に入る。

そしてたっぷりのブラックコーヒーとフレンチトーストを注文した。

 

(イライラする時は、コーヒーとフレンチトーストに限る)

 

とれたてのとうもろこしやブドウも美味かったが、やはり都会で暮らすわたしにとって、オシャレカフェこそが気分転換のマインドセットとなる。

 

前歯に詰まった粒皮を取り除く方法はただ一つ、フロスでかき出すことだ。

しかし今、フロスは持っていないし入手できそうな店も見当たらない。

 

ならばいっそのこと、粒皮のことは忘れて明るく楽しく生きようじゃないか。粒皮と人生を共にする覚悟で、コーヒーで乾杯しようじゃないか。

 

 

コーヒーとフレンチトーストで機嫌を良くしたわたしは、快調に車を走らせた。

 

(しかしあのフレンチトースト、ちょっと固めに感じたけど、パンの中まで卵やバターが染み込んでて美味かったな)

 

そして5分後、わたしはとうとう気が付いた。

 

いつの間にか、口内から粒皮が消えていることに。

 

思い返せばあの時だ。噛みごたえのある生地でできていたフレンチトーストをしつこく咀嚼したことで、いつの間にかとうもろこしの粒皮が巻き込まれて、歯の隙間から引きずり出されたに違いない。

 

ーーそうか。太陽と北風作戦だったのか。

 

 

サムネイル by 鳳希(おおとりのぞみ)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です