ケビン・ファスナー主演「ボディガーッ」  URABE/著

Pocket

 

ーーウソでしょ。そこまでゴツくなったと言うの??

 

告別式へ向かうため、数年ぶりにワンピースタイプの喪服をかぶったところ、胸あたりで頭と腕が詰まり、窒息しかけた。発狂のあまり私は、布を破る勢いでワンピースを脱ぎ捨てる。

あぁ、危なかった・・・

 

これはまずい。

告別式当日の朝、喪服が入らないから行けませんーー。などという失態が許されるはずがない。

焦る私は念のため、ワンピースの背中にあるファスナーを確認する。

 

ーーもっと下までファスナー開くじゃない!

 

見ると、ウエストの上あたりでファスナーが止まっている。そこからヒップにかけて広がるデザインのワンピースため、ファスナーの両サイドの布が中央に寄っており、一瞬、引っかかるようになっていた。

呼吸を整え慎重にファスナーを下ろすと、背中側がバックリと口を開けた。

ーーこれなら、間違いなく入る。

 

安心した私は、今度は上から足を突っ込み、ダイビングスーツを着るかのように袖を通す。当たり前だけど余裕で装着できた。

あとは背中のファスナーを閉めるだけーー。

 

お尻の辺まで開いているファスナーを徐々に上げていく。肩甲骨の高さまで閉めれば、あとは上から引っ張ればいい。そしてなんとか背中の半分くらいまで指で押し上げたところで、次は首の方から引き上げようと、右手を背中へ回す。

 

なんと、肩と胸と前腕の布が邪魔をして、手が上がらない。

 

ーーいやいやいや、これはマズイ。腕の血管が血圧測る時みたいに浮き上がってきたし。

 

断じてふざけてはいない。

当たり前だ、ふざけてる場合じゃない。家を出る時間は刻一刻と迫るのに、喪服の装着が完了しないなんて。

 

とその時、とっさに私は思いついた。

 

ーーそうだ、ブラをスポブラにしよう。

 

肩周りや胸がキツくて腕が上がらないのならば、その部分の厚みを減らせばいい。決して豊満なバストではないけれど、せめてブラパッドがなければ、その分、体の厚みを消せる。さらに最悪、背中が見えてもスポブラならば問題ない。

すぐさま薄手のスポブラに着替えると、ファスナーを背中まで上げ、再び腕を背後へ伸ばす。

 

ーーダ、ダメだ。

 

私はパニックに陥った。目から涙が溢れ出る。こんなことのために涙を使いたくないのに。

もはや冷静に調べる余裕も、それに耐えうるメンタルもない。震える指で友人にヘルプを送る。

 

「大至急、ワンピースの背中のファスナーを一人で閉める方法を教えて」

 

その間も何とかして、上がらない腕を上げる工夫をするも思いつかない。

そう言えば肋軟骨を骨折したとき、やはり腕を背中に回すことができなかった。あの時はドアノブにスポブラを引っ掛けて、床にしゃがむことで脱いだのを思い出す。

だけど今回は、ファスナーのつまみ部分が小さすぎて、どこかに引っ掛けたり挟んだりすることは不可能ーー。

 

そうこうするうちに、もはや電車に乗り遅れる時間になってしまった。あまりのパニックで過呼吸になりかけたところ、ようやく友人から返信が届いた。

 

「ファスナーにヒモを巻いて引っ張る。ヒモがなければ、手持ちのネックレスのフックをファスナーに付けて引っ張る」

 

たしかに有効そうだしありがたい情報だけど、ウチにヒモはない。さらにネックレスの長さじゃ肩まで届かないため、手で引っ張ることができない。

それでも何か代わりになるものはないか、目を皿のようにして探したところ、視界に「ヒモ状」のものが飛び込んできた。

 

ーー携帯電話の充電器。

 

10秒ほど考えた結果、絶対に無理だと判断。手に取った充電器を投げ捨てると、私はそのままクロックスを引っかけて家を飛び出した。

 

ーー最後の手段だ、あそこへ行くしかない。

 

全速力で向かったのは近所のスタバ。コーヒーを飲みながらくつろぐ女性の目の前に滑り込み、

「お願い、背中のファスナー上げて」

と真顔で頼む。

話しかけた途端、女性は椅子から転げ落ちそうになった。しかし事態を察するとすぐに、背中のファスナーを上げてくれた。

 

「行ってらっしゃい」

 

見知らぬ女性に見送られながら、私は告別式へと急いだ。

 

 

(完)

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です